仮予約してた Italjet Dragster 200 急遽入荷!納車日が決定しました

東京モーターサイクルショー2022でイタルジェットの変態スクーター(^^ ドラッグスター200を見て浮かれていました。

そうこうしているうちに、東京モーターサイクルショーの帰り際にバイク販売店から実車確保の連絡がありました。
つまり納車出来るということです\(^o^)/

でItaljet Dragster200が2年前位に発売宣言された時にすぐに予約されていた方もいらっしゃるようですが、私の場合は半年前位にディーラーに問い合わせてた時に、仮予約という形にしていました。

ディーラいわく、入荷日程が判らないどころは本当に生産されるのかも判らないので、予約金や頭金無しでとりあえず予約してもOKでキャンセルもご自由にということでした。(ありがとうございます!別のディラーでは予約金必須のところもありましたよ)

でそのディーラでも既に多数の方が予約されていて入荷予定台数から逆算すると年内納車は難しいということだったんですよね。

ところが今年の1月にItaljetから初期出荷分が輸入が出来るようになった時点でディーラーが確保した分を予約者の先着順に割り当てていかれたようで、キャンセルもあり、またおそらくですが、レッド/ホワイトの人気が高く、イエローが少し早く周って来たということで運よく私に周って来たものと思います。

でも個人的にはイエローが大好物です!(^^
なんたって初代Italjet Dragsterもイエローですからね!

で早速実写を見に行くことにしました。

ありました!

Italjet Dragster 200

こちらが納車される実車です。

Italjet Dragster 200

で全世界499台の初期出荷分となるシリアルプレートが付けらていました。

Italjet Dragster 200

てっきり、例のガンメタ?&ゴールドフレームのカラーリングのマシンがリミテッドバージョンとして499台作られていたと思ってましたが、、、、

こちらね。

このイエローも、レッドやブラックもシリアルプレートが付けられている個体があるようです。

まぁ、このプレートは例えばAlfaromeoとなどイタリア車でも、何度か100台限定バージョンとしてシリアルプレートなんてものが有り難く付けられていた例を思い出すと、生産ロットや輸入ロット単位でプレートだけ付ポンけらているという感じでした。
当然本当のリミッテッドバージョンはゴールドフレームのやつだと思いますので、まぁそんな感じだと思いますw

うん、イエロー好みです。

Italjet Dragster 200
Italjet Dragster 200

まだマフラーが付けられていませんでした。

Italjet Dragster 200

ということで急遽ADV150を下取りに出し、残りの入金やらさせていただき、ディーラも全速でETCユニットつけたりナンバー登録手続きを済まして頂き、納車日は今週末になりました。雨だと延期しますw

でとりあえず必要なのは方向オンチなのでナビ用のスマホホルダーどうつけるか、、、、ADV150はバーハンドルで簡単だったんですが、Dragsterはセパハンなのでクランプ付ける場所が無い模様(^^

ただ、ADV150と違ってUSB電源アウトが付いているのがグレート!w

【追伸】Italjet Dragster200納車して頂きました!

アマゾンアソシエイト
楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください