MotoGPのような水平を保つオンボードカメラで撮りたいプロジェクト!1軸スタビライザー準備編

スポンサードリンク

WenPod X1 が届いた

前の記事でMotoGPカメラとして使うことにした 1軸スタビライザー WenPod X1 が届きました。

WenPod 1 Axis Stabilizer

 

おそらく中華ブランドということで注文する前はもっと雑な(^^;製品を想像していたのですが(ごめんなさい)、付属のネオプレーンケースも意外としっかりしており、梱包箱もちゃんとして(^^;いました。

WenPod 1 Axis Stabilizer

 

GoProが必要だ

この WenPod X1に装着出来るカメラは、GoPro又はスマホということですが、私のSONY FDX-3000は前後に長い形状になっていますので、WenPodでは固定出来そうにありません。

なので、GoPro HERO6を購入しました。

GoPro6

 

WenPod本体そのものは、GoProマウントですので、バイク側のベースは REC-MOUNTS REC-B28(M6) GoPro (ゴープロ)用 を選択

 

 

MotoGPカメラを取り付けるのはDUCATI Panigaleくん

MotoGPカメラですので私の701 Supermotoでは雰囲気が出ません(^^;
なので友人のDUCATI Panigale 1299に車載することをお願いしました。

そこでPnanigale用のテールカウルを購入。こんなDUCATIマークが付いているのですが、中華製なので安価です(^^;

GoPro6

このテールマウントに、6mmの穴を開けREC-MOUNTS REC-B28(M6) GoPro (ゴープロ)用 をM6ボルトで固定しました。
こんな感じ

GoPro6

GoPro6

ボルト固定ですので、おそらくですが走行中に脱落することは無さそうな強度で固定されました。
ただ、いざというときに備えてステンレスワイヤーも装着。

GoPro6

でGoPro HERO6を付けて準備完了です。

GoPro6

続く






スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

5 thoughts on “MotoGPのような水平を保つオンボードカメラで撮りたいプロジェクト!1軸スタビライザー準備編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください