MotoGPのような水平を保つオンボードカメラで撮りたいプロジェクト!調査編

スポンサードリンク

MotGPでバイクのテールカウルに搭載したカメラでこんな感じの、バイクがバンクしてもスタビライズした映像が撮りたい!

こんな感じのカメラで!

ということで個人的なwMotoGPカメラプロジェクトをスタートさせました(^^;

まずはMotoGP本家サイトで歴史を学ぶことにしましたw

MotoGPのオンボードカメラが初登場したが1985年、その時の重要は1.3kgだったということですね。

一方で、ここ最近自動的に水平を保つ3軸ブラシレスモータージンバルというのが一般化して買いやすくなっているようです。
3軸スタビライザーは、ロール/ピッチ/ヨーの3軸を補正するモーターを備え、加速度センサーで取得した3軸の傾きをリアルタイムで補正することによって、カメラが完全に水平を保てまるで宙を移動しているような撮影感覚が得られるものです。

例えばiPhone用の小型スタビライザー DJI Osmo Mibile 2

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)

こちらが、DJI Osmo Mibile 2のプロモーション動画

ということですが、MotoGPカメラで必要のはバイクのバンク方向を補正するロールのみの1軸補正、、、、そこでアマゾンを検索してみるとありました、1軸ブラシレスジンバル

GAZERCAM スタビライザー WenPod X1 GoPro/スマートフォン用 電動1軸制御式 371039

早速購入することにしました、、、

次は準備編です

 



スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

One thought on “MotoGPのような水平を保つオンボードカメラで撮りたいプロジェクト!調査編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください