【F1の】コスワース製スタンダードエンジンが承認へ【新時代へ】

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

F1スタンダードエンジンの入札はコスワースに決まりましたが、果たして各チームはコスワースを選択することになるのでしょうか?
FIAは最低4チームが選択すれば、スタンダードエンジンは製造され実戦で使われることになるようです、、、、、

F1にスタンダードエンジンを導入するという計画が、今週末FIAによって承認されそうだ。ルノーを含む5チームが、スタンダードエンジンの契約に興味を示しているという。

現在独立系のチームは、ウィリアムズ、レッドブル、トロロッソ、フォースインディアとすることが出来ると思いますが、FIAとしてはこれらの独立系チーム全てがコスワースを選択してくれれば良いということになります。

更に、驚くべきことにルノーがコスワースエンジンに興味を持っているそうで、、、、
だた、世界中のメーカーがエコの方向に流れている中、ガソリンエンジンを他社製のを使っていたとしてもメーカーとしてのイメージにはまったく問題無いということでしょうか?
これはF1が単に自動車会社の広告手段として使われることとも言え、それはそれで安価に済めば効果はあるのかもしれませんね。

例えば、バイクの世界選手権、MotoGPでは、今年チャンピオンを取った、V・ロッシが所属するファクトリーはYAMAHAですが、そのスポンサーはFIATです。
勿論、フィアットはFIAT-YAMAHAチームに技術的な支援をしている訳でも無いですから、純粋なスポンサーとして資金を提供しているということです。

顧みれば、現在のF1のメーカー系チームの中でフェラーリ以外で、100%自動車メーカー主で参戦していた一番古いチームはルノー(2000年ベネトンを買収)であると言えると思います。
そのルノーは最強のフェラーリとシューマッハを打ち破りチャンピオンを獲得しました。

そのルノーが、エンジン開発を切り離してF1に参戦するとすれば、ルノーはやはり先進的なチームと言えるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る