YAMAHA BW’S 125Fi 譲ってもらった!最高!

スポンサードリンク

昨年、友人が新しいスクーターを買うというので YAMAHA BW’S 125Fi を譲ってくれました。

YW125T BW’S Fi

でこのスクーター、昨年から素晴らしい活躍をしてくれています。
取り回しやすいコンパクトなスタイル、とは言え原付きとは違う安定感、信号の最先端に出ても(^^;クルマの流れをリード出来るということでやっぱり街中を移動するのは125CCスクーター最強ですね。

BWS125の初代ということで発売は2008年に日本で逆輸入として発売。
ちょうど10年が経過しているということです。がこのデザインは今でも目を惹きつけるものがありますね。
デザインだけで無く、このライトとても明るいので夜間でも安心です。

こちらが当時台湾より輸入されていたPRESTOのアーカイブページ。

諸元を見るとインジェクションですが、スクーターでもこの頃から採用されたもので、今でも冬季に元気に安定して走っているのは、キャブでは難しいかもしれません。

一方、発売当初は燃料ポンプのリコールが多発していたようで、友人も燃料ポンプをしっかり交換しています。
夏場になると、燃料ポンプがオーバーヒートとポンプの潤滑が出来なくなり燃料供給がストップ、真夏にバイク屋まで押して行ったそうです(^^;

私の手元にやって来た現状では、ブレーキパットとタイヤがほぼ終了状態ということでしたが、ブレーキパットの新品を付けてくれました。

但し、友人がバイク屋にブレーキパット交換しに行ったら、パットを固定するピンが固着してバイク屋の六角レンチを折ってしまったそうです。

で、私はヤフオクで同じブレーキパットを3000円で落札、、、届いたときはそれも固着気味だったのですが、2週間くらいWAKOSのメンテループ漬け(^^;にしていたら、ピンのネジ緩みました!w

なので、まずはブレーキパット交換、タイヤもその後交換しましたがとりあえず今回はこのあたりで。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です