ケータイデジカメも1770万画素に?ソニーが新センサー開発

スポンサードリンク

crunchgear.comによれば“convert multiple pixels into signals simultaneously”、どうやらソニーが開発した次世代CMOSセンサーは、並行処理技術によってこれまでのセンサーより最大75%の高速画像変換処理が可能なんだそうです。(日経の記事を引用されています)

このCMOSセンサーは結果として以下のようなスペックに」

・処理速度は34.8Gbps
・1770万画素で120fpsのビデオ撮影が可能
・低消費電力

ソニーはこの技術を、ケータイカメラやデジカメに採用するそうです。

んもう1000万画素のケータイで十分以上な気もしないでも無いですが、近いうちにこのセンサー1770万画素の携帯電話が発売されるかもしれませんね。

ちなみに、現在研究されている8Kのスーパーハイビジョン放送は画素数: 7,680 × 4,320で約3300万画素。
既に3500万画素のプロジェクタをビクターが開発しているそうですから、撮影装置の方が追いついていないことになります。

イメージセンサーは将来的に少なくとも3300万画素を目指して開発する必要がありそうですね。

地デジの次はスーパーハイビジョンでエコポイントが付与されるのかなぁ・・・・


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

0 thoughts on “ケータイデジカメも1770万画素に?ソニーが新センサー開発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です