Nikon苅谷社長 期待を超えて、期待に応える(筈)スゴイカメラを出すと明言

スポンサードリンク

ニコンの企業理念の「期待を超えて、期待に応える。」は最高のメッセージだと思いますが、それを実践中の苅谷社長のインタビューで、次世代カメラシステムを投入するとサンケイビズのインタビューの中で明言されています。

「確かに、一眼カメラのシェアが上がり、一眼レフの老舗2社のシェアは落ちている。当社の一眼レフの売り上げを落とすことなく、その上のラインアップに加える形で、新しい『次世代カメラ』システムを投入したい。単に入力機器というのではなく、新しい楽しみ方を提案する予定で、タイミングよく進める。フィルムカメラからデジカメに切り替わったときのショックのようなインパクトのあることをやりたい」

次世代カメラシステムという言葉の”システム”という言葉がキーワードですね。

システムであるからには、レンズ交換出来るカメラが期待出来ると思います。
またシェアの話もしていらっしゃるということは、当然マイクルフォーサーズがターゲットということでしょうか?

マイクロフォーサーズシステムを採用したパナソニックは昨年実質、レンズ交換式一眼カメラの第三位メーカーになりました。また、ビッグヒットしたオリンパスのE-P1もマイクロフォーサーズシステムですから、二位メーカーのニコンとしては、マイクロフォーサーズシステムが勢いを増すと当然、自分達の市場も食われて行くことになります。

ニコンはすでにAPSフォーマットでは高い実績を誇っていますので、APSなレンズ交換式デジタルカメラを是非ともリリースして欲しいですし、レンズ設計も含めてビッグメーカーですから、自社で新システムを提案出来る立場にいると思います。

以前、ニコンが中判のデジタルカメラをリリースするのでは無いかという噂もありましたが、新システムは、APSから中判までをターゲットに出来るようなものであればスゴイと思います。

っていうか、リコーのGXRのように1つのカメラユニットに複数のフォーマットやレンズを組み合わせる時代が来るとすれば、1つのレンズマウントで様々なイメージセンサーをターゲットにするのが合理的では無いかと思うからです。(レンズは逆に選ぶことになるかもしれませんが)

ちなみに、dmaniax.comではニコンがミラーレス機らしい特許を取得いているという注目すべてき記事をアップしています

やはりこの特許と関連があるカメラということでしょうかね?

ということで、ニコンは 期待を超えて、期待に応える。 メーカーですから何か本当にスゴイものを出すことを期待してます!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト