MotoGP250cc 最終戦バレシアGPやった!チャンピオンが決まった〜

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

MotoGP最終戦250ccクラス終了しました!

青山博一選手!日本人の新しいチャンピオンが誕生です!

チーム・スコットでホンダマシンに乗る青山博一。2001年の加藤大治郎以来、8年ぶりの日本人チャンピオンが誕生した。

ランキング2位のシモンチェリと21ポイントで迎えた最終戦い、11位以上でフィニッシュすすればチャンピオン獲得の青山選手が見事7位フィニッシュ!
最も、そのシモンチェリ選手はリタイアしちゃいましたが、とにかく日本人ライダー6人目、8年ぶりのチャンピオン誕生なのです!

250ccクラスとしては 1993年の原田哲也選手、2001年の加藤大治郎選手に続き3人目。

また、MotoGPの250ccクラスは来年からMoto2クラスと混走となり、事実上、250ccクラスとして最後にチャンピオンということになります。

この歴史的快挙を成し遂げた青山博一選手に心からおめでとう!

そして、来年から青山博一選手はホンダからMotoGPクラスで最高峰のチャンピオンにチャレンジ。

青山選手のツナギの肩に付けられているゼッケン74は勿論、500ccクラスでその悲願を達成出来なかった加藤大治郎選手。
青山選手は2010年ホンダからMotoGOに参戦で、今回のチャンピオン獲得の勢いそのまま、日本人初のWGP、MotoGP最高峰チャンピオン獲得してくださいね!!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る