ジャン・トッド氏、FIA会長選出馬に

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

日本でも選挙の話題はもちきりですが、F1でも次期FIA会長選挙の話が盛り上がっています。

先日、現会長であるマックス・モズレー氏、歴代でマックス最強のFIA会長、は次期FIA会長選に出馬しないことを表明しましたが、その後継に指名したのは、元フェラーリF1代表のジャン・トッド氏です

そして、ジャン・トッド氏ご本人もFIA会長選に出馬を表明しました

今期限りでの引退を正式表明したマックス・モズレー氏が後任候補に名前を挙げた元フェラーリ・チーム監督・ジャン・トッド氏の去就に注目が集まっているが、同氏は出馬に前向きな姿勢であることがわかった

ジャン・トッドが、FIA会長選に立候補することを発表した。

元フェラーリ代表のジャン・トッドは、10月にFIA代表を辞任するマックス・モズレーの後任として代表選挙に出馬することを認めた。トッドは公式声明の中で自らの決断で立候補することを明らかにしている。

フェラーリを危機か建て直し、歴代のF1でも最強のチームに育て上げた手腕が、現在の
FIAの混乱を収拾させることが出来るのでしょうか?

それともも、再びF1をフェラーリ主導に塗り替えてしまうのでしょうか?

とにかくいまのところ、F1を引っ張れそうな人間は他に存在しません。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る