E-330デター

スポンサードリンク

オリンパスE330が、正式に発表されました。

e330_01.jpg

OLYMPUS E-SYSTEM:E-330:概要

オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」

“フルタイムライブビュー”と“マルチアングル液晶モニター”で思いのままに撮れる!???オリンパス、一眼レフデジタルカメラ『E-330』を発表

そうです、このカメラの一番の特徴はライブビューが出来ることです。
と、コンパクトデジカメではあたりまえのように搭載されていた機能、というかそもそも最近のデジカメはライブビューしか出来ない機種も多い、ですが、E-300で実現した光学系の利点を生かしてもう1つサブCCDを搭載するという贅沢は方式で実現しました。

仮に自分がE-330を手に入れることが出来るとすれば(^^;;;自分的に便利なシチュエーションは、、、、
・モータショウで観客越しで確実にフレーミング出来る。
・モータショウで、プロトタイプカーの、車体下にカメラを入れて無理矢理撮影することが出来る(笑)、E-5700(Nikon)では出来てたのにE-300では出来なかったので(^^;
・MotoGPでロッシのおっかけ越しに着実に撮影出来る。E-300でカンでやったら見事に人混みしか写ってなかった(^^;

という、かなりショボイですが、ある意味魅力的な機能です。
しか?し!、オリンパスがそんなセコい利点しか無いカメラは作りません。
なんと本体CCDでもライブビューが可能なモードも搭載されています。これはどのデジ一眼でも出来そうですが、これまで出来てなかったんですよね? 理由は調べてね;;;^^)

じゃぁなんでサブCCDが必要なのかは判りません(電力節約?)が、どっちか1つでも画期的なのに、わざわざ2つのモードを準備するというのがオリンパスらしこだわりですね?

しかも、発売6ケ月前になって、この本CCDのライブビュー機能をフルに生かす機能、10倍表示を考え出したそうです、、、、
なんか、ハードを作っちゃった後に、使い方を考える、オリンパス、ある意味凄いですm(_._),m

で、この機能、過去よりオリンパスが得意とするマクロ撮影でかなろい役に立つ機能のようです。
マクロレンズで、低い位置に三脚を立てライブビューを除きながら、10倍に拡大して、ピント合わせする、と、このカメラでしか出来ない技ですね!!
で、自分的に考えてみると、Contaxなどのマニュアルレンズで撮影する時、ピント合わせがかなり心配ですので、E-330のライブビュー機能、かなり魅力的です、、、、って、ちゃんとした三脚もマクロレンズも持ってないじゃん!!(笑)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト