stereo誌ムック本付録はラックスマン製「音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ」予約受付中

音楽之友社stereo誌とLUXMANのコラボ、ONTOMO MOOK雑誌の付録でリリーサウされて来た真空管キットシリーズの第4弾は5バンド真空管グラフィックイコライザーということで、早速Amazonで予約が開始されています。

  • 真空管グラフィックイコライザー。
  • シャーシのプラスドライバーのネジ止めだけで製作が可能。
  • イコライザーのオン/オフスイッチ付き。
  • グラフィックイコライザーは5バンド(55Hz/220Hz/880Hz/3.5kHz/14kHz)、±8dBで可変可能。
    • 55Hz …音にふくらみを与える、ベース、パイプオルガンなどの低音域の楽器が安定感ある音に聴こえる
    • 220Hz …低音に豊かさを与える
    • 880Hz …臨場感や奥行き
    • 3.5kHz…明るさや硬さ
    • 14kHz …冷たさや、繊細感
  • これまでのstereo雑+ラックスマン製真空管キットシリーズ
    • 2018年5月第1弾「真空管ハーモナイザー・キット(LXV-OT6)」
    • 2018年12月第2弾「真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット(LXV-OT7)」
    • 2019年9月第3弾「真空管FMチューナー・キット(LXV-OT8)」

私は、第一弾の真空管ハーモナイザー・キット(LXV-OT6)を購入して今でも愛用していますが、プリメインアンプは既に自作のパワーアンプで鳴らしているので断念、真空管FMチューナーはRadikoメインwなので買いませんでした。

グラフィックイコライザーは今回のキャッチフレーズにもあるように音の最終調整としての役割となりますので迷っています。

通常のプリメインアンプでは、トレブルとベースですのでこの5バンドイコライザーは魅力的だと思います。

まだ予約可能のようなので皆さんもいかがでしょうか?

 

アマゾンアソシエイト
楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください