ラリーカールトン&リチャードボナ@ブルーノート東京に行って来た。エフェクトボードチェック!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

先日Bluenot Tokyo でのライブ LARRY CARLTON with special guest RICHARD BONA に行って来ました。

LARRY CARLTON with special guest RICHARD BONA

ライブの前に1枚。

LARRY CARLTON

ラリー・カールトンとリチャード・ボナという最高のコラボですが、お二人はとても気が合っているようで、かなりリラックスかつ熱いライブとなりました。

ライブレポートが公式サイトにアップされています

演奏された曲のセットリストは以下の通り。

1. SHAM TIME
2. OUI OUI SI
3. HIGH STEPPIN’
4. SMILES
5. PLEASE DON’T STOP
6. EYAND (RICHARD BONA SOLO)
7. YESTERDAY
8. BURNABLE
9. FANNIE MAE
10. EC1. #1090~THOUSAND DREAMS
11. EC2. ROOM 335

ということで、Room335で一番盛り上がって最後を締めるという流れでした。
勿論ギターは長年愛用されている Gibson ES335 で、これ1本で弾き切られていました。

LARRY CARLTON

ネックの裏も見えたのですが、塗装が剥げてかなり使い込んでいるようす。
ボディー裏面もバックルチェックが入り、塗装が剥げています。

楽しいライブが終わったので、エフェクターボードもチェックさせて頂きました。
ボードは綺麗に纏められており、ボリュームペダル、ワウ、オーバードライブ、空間系が揃っています。

LARRY CARLTON

 

ボードにあるペダル一覧は以下の通り

  • ERNIE BALL  Volume Pedal Mono 6166
  • VOX ワウペダル
  • Blueline overdrive
  • PROVIDENCE CHRONO Delay
  • FREE THE TONE TRI AVATAR TA-1H
  • FREE THE TONE AMBI SPACE AS-1R
  • KORG PITCHBLACK TUNER
  • Voodoo Lab Pedal Power digital

 

まず、ギター側のジャックと同じ緑の保護テープが巻かれているシールドのでだったのでまずアーニーボールのボリュームペダルにインプットしていると思われます。

VOX (ヴォックス) V847-A ¥7,780(税抜)
ERNIEBALL (アーニーボール) 6166 250K MONO VOLUME PEDAL¥12,800(税抜)

ワウはVOXですが、ノーマルV847かMODかは不明でした。

VOX (ヴォックス) V847-A  ¥7,780(税抜)
VOX (ヴォックス) V847-A ¥7,780(税抜)

オーバードライブはBlueline overdrive、ハワードダンブルを研究し尽くした歪みを再現するペダルということです。日本ではレアなペダルですね。

ディレイは 定評のPROVIDENCE CHRONO Delay。

PROVIDENCE (プロヴィデンス) DLY-4 CHRONO DELAY ¥32,000(税抜)
PROVIDENCE (プロヴィデンス) DLY-4 CHRONO DELAY ¥32,000(税抜)

コーラスは Made in Japanを誇るFREE THE TONE TRI AVATAR TA-1H

リバーブも同じくFREE THE TONEの AMBI SPACE AS-1R

ということで、空間系は最新のボックスで纏められていました。

ちなみにチューナー KORG PITCHBLACK TUNER

【 並行輸入品 】 KORG PITCHBLACK TUNER

【 並行輸入品 】 KORG PITCHBLACK TUNER

13,881円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

パワーサプライはVoodoo Lab Pedal Power digital

そして肝心アンプは Bludotone The Blud-Driveで、ラリーカールトンが愛用していたハワードダンブルのコンセプトを引き継ぐカスタムアンプということですね。

LARRY CARLTON

基本ハワードダンブルと同じでミュージシャンの方がオーダメードするアンプのようですが、クロサワ楽器さんがオーダーしたものが販売されていました。

アンプの下には、Bludotone専用のFXループセレクターであるLoop-a-Latorがありました。
またペダルボードにはセンドリターンケーブルとフットスイッチがありますので、空間系のエフェクトはこれで接続されているのかもしれません。

このようにラリーカールトンはかつて愛用していたハワードダンブルのサウンドを今でも追求したシステムになっているようです。

演奏中に一番操作されていたのはボリュームペダルでした。曲によってはワンフレーズごとにミリ単位の操作をしていたのが印象的でした。またワウも2曲ぐらいで使用されていましたのでそれなりにお好きなようです。

そして、やはりと言うべきなのかオーバードライブトーンはとてもスムースかつ抜けが良いサウンドでした。
Room335の例のカッティングのイントロはナチュラルオーバードライブサウンドでガツンと鳴らされていたのが心に沁みましたw

ということで、ほぼ全てがハイエンドのペダルとアンプが使われていますので、音への拘りはやはり相当なものだと思います。

ラリーカールトンのサウンドを再現しようとしたら、要はやはりアンプということでしょうかね。
これは、オーダーメイドのアンプでありそのお値段的にしてもかなり敷居が高そうですね!(ペダルもお高いものばかりですが)

Amazonでの購入はこちら

 

 

VOX ヴォックス ワウ・ペダル V847

VOX ヴォックス ワウ・ペダル V847

6,480円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

LARRY CARLTON

ベスト・オブ・ミスター335<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

ベスト・オブ・ミスター335<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

ラリー・カールトン
1,264円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
ベスト・オブ・ラリー・カールトン・ワークス

ベスト・オブ・ラリー・カールトン・ワークス

ラリー・カールトン
2,477円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
グレイテスト・ヒッツ・レコーディッド・ヴォリューム・ワン (Greatest Hits Rerecorded Volume One)

グレイテスト・ヒッツ・レコーディッド・ヴォリューム・ワン (Greatest Hits Rerecorded Volume One)

Larry Carlton, ラリー・カールトン
1,811円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
ライツ・オン 日本語帯・解説付 輸入DVD

ライツ・オン 日本語帯・解説付 輸入DVD

ラリー・カールトン, SWRビッグ・バンド
3,600円(09/16 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

[輸入CD]” search=”ライツ・オン [日本語帯・解説付] [輸入CD]”]

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください