ツインリンクもてぎ 山上俊樹氏プレゼンテーション

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

大満足のランチでもうお腹いっぱい!でもう帰っても良いかな・・・と思うくらいでしたが、これからが本番。
ファンファンラボに移動~。

ホンダモビリティーランド側からのプレゼンテーションです。

主催者側からご挨拶~

モビリティランド テックプロ所長 山上俊樹氏のプレゼンテーションです

山上敏樹さんは、デザイナーとして活躍され、鈴鹿サーキットのアトラクションデザインを手掛けられ、多摩テックの『最後の園長』に就任されました。

そして、惜しまれつつも多摩テック閉園の後は、鈴鹿サーキットと、そして、ここツインリンクもてぎのアトラクションを束ねたコンセプトで開発と研究に従事されています。

また山上氏はそれらのアトラクションのコンセプトの基礎として、『子ども研究』を進化させ、埼玉大学や、岐阜大学と共同テーマとして研究されており、本日は、その結果としての『子供のため、未来のため』のプレゼンテーションをしていただきました。

という、家族と子供が協力して楽しむコンセプトを具現化させた、モビパークのプレゼンテーション終了。
ホンダは子供を育て、将来のモータリゼーションに寄与する為に作ったアトラクションのコンセプトは、単なる遊園地では無いことが良く理解出来ました!

プレゼンテーションが終了し、これからアトラクションの体験に移ります。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください