Macタブレットは3?4月の予測そして書籍の定義を変える?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Appleのタブレットマシンの予測ですが、サプライチェーンの調査からの予測でかなり具体的です。

米Appleは3月後半か4月にタブレット型コンピュータを立ち上げる準備をしており、同社と提携する製造業者は1カ月に最高100万台を出荷する態勢だ。投資会社Oppenheimerがリサーチノートでこのように報告している。

そして噂通り、電子書籍をターゲットとしたガジェットになるそうで、そのコンテンツの売上の、70%を出版社側に支払うという噂です。

当然iTunesを通じて配信することが予測されますが、Appleの30%の取り分、そして独占契約なしというのは、AppStoreと同じアプローチですね。

ということは、ここまで柔らかい契約、そしてAppStoreのインフラを使えばと、もしかしたら出版社だけで無く、誰でも一定のい条件をクリアすれば、出版が出来る環境になるのかもしれませんね。

また、iTunesの中に入っているということならば、BodCast/ 朗読やAppとの差は何になるのでしょうか?

Appleは次に書籍という概念も変えるかもしれませんね。

そして、最後は新聞かな?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る