【ジミヘン】Gibsonがオススメするクリスマスソング5選【U2】

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

ギブソンギターの公式ブログのクリスマスソング特集です。

Forget the crowded malls and family dramas – the hardest part about surviving the holidays is putting up with the endless stream of seasonal standards. But it doesn’t have to be all about dulcimers, jingling bells and children’s choirs. Here are five rocking holiday tunes that will help you make it to the end of the year in one piece.

まず一曲目は、いえい!ジミヘンだぜっ

ジミ・ヘンドリックス リトル・ドラマー・ボーイ/サイレント・ナイト/蛍の光
1969年のフィルモアイーストのライブから

Jimi Hendrix, “Little Drummer Boy/ Silent Night/Auld Lang Syne”

んもうクリスマスソングでもジミヘン最強!天才!

さてGibsonが選ぶ残り4曲は。。。。

お次は、キンクスのファーザークリスマス
めっちゃサンタなコスプレしちゃって、ノリノリな演奏は2009年でも通じるガレージバンドっぽいノリがいい!

The Kinks “Father Christmas”

次は、ハズせないビートルズの”クリスマス・タイム”と”蛍の光”
1967年、ビートルズ・ファンクラブのメンバーのメイルオーダーのみで販売された楽曲とのことです。

U2の”クリスマス (Baby please come home)”
1963年のDarlene Love が歌った楽曲をボノのボーカルでリバイバルさせたもので、1987年のU2コンサートで歌われたもの。
U2はバンドの全盛期、ボノのボーカルも絶好調で、歌い上げています。
ジ・エッジのギターもシンプルで広がりのある良い音ですね!
20年前のボノはカッコいい!!(いまでも渋いけど)

5曲目最後の〆はやはり、エルビス・プレスリーの”ブルークリスマス”
エルビスに浸りながら12日後のクリスマスを迎えたいものですね?



スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る