フェラーリがF1ドライバー養成スクール開校

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

近年ヤングドライバー育成プランを設けるF1チームが増えていますが、フェラーリもドライバー育成学校を開校することになったそうです

例えば、メルセデスに移籍すると噂されているシューマッハは元々メルセデスの育成ドライバーの一人でした。
ハミルトンはマクラーレンの育成ドライバー。
中嶋一貴さん、小林可夢偉さんはトヨタヤングドライバー育成コースの出身ということは知られていることだと思いますし、ホンダも、もちろんBMWもレースドライバーの育成を積極的に行っていました。(現在も継続?)

F1から撤退したチームがこのような活動をしていたというのはそこで学ぶドライバーの卵達、あるいは卒業したレーシングドライバー達にとって残念なことですが、それでもF1ドライバーになる最も近道は、出来るだけ有名なチームのドラーバー育成プログラムに参加することだと思います。

そしてF1で最も長い歴史を有し、F1の象徴であるフェラーリがとうとうドライバー育成に乗り出したのは、画期的なことなのでは無いでしょうか?

将来はフェラーリ・スクールを卒業した人で無いとF1ドライバーになれない・・・ってことになるのが良いのはどうかは判りませんが、とにかく卒業ドライバー達が数年後、シューマッハやアロンソに次ぐフェラーリの歴史を作って行くと思われます。

フェラーリチームは、若手レーシングドライバーを養成する「フェラーリ・ドライバー・アカデミー」を開校することを発表した。同校の最終目標はもちろんF1デビューを果たすことであり、トラック上でもトラック外でもフェラーリの支援を受けることができる。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る