仕分け復活!スパコン228億円で世界最速レベルへ!でも米国防総省はPS3

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

レンホー議員など、必殺事業仕分け人の方々が、バッサリ切り捨ててしまった日本のスパコン予算ですが、意外に簡単に復活しちゃったらしいです。

40億円の節約とか、でも228億円割り当てられちゃったらしいですよ

「事業仕分け」で凍結や大幅な予算削減と判定された「次世代スーパーコンピューター」開発と農業共済関連の2事業について、政府は閣僚折衝を16日行い、要求額の大部分を認めることを決めた。

文科省の他の予算項目から50億円を追加削減することなどを条件に、要求額から40億円削減した228億円の予算計上で決着した。

40億円の削減と言っても、ボーナス支給額が大幅減少のこのご時世ですから、有る程度の減額は言わば普通の流れ、事実上の予算復活ということです。

そして、40億円減額されたので、世界最速のスパコンを作る目標を変え、世界最速レベルのスパコンを目標にするそうですが、この言い訳は納得できないものがありますね。
あと40億円あったら、本当に世界最速のスパコンが実現出来るのか、小一時間くらい問い詰めたいものですね。

とにかく200億円使ってどのような国産技術を磨くのでしょうか?

一方、米国空軍はそんな日本の技術を超有効利用しているのがこちらのニュース

待ってましたとばかりに2200台追加発注したのは、あの米国防総省(DoD)です。スーパーコンピュータをアップグレードするなら、スパコン用途に特化したデザインのIBM Cellプロセッサ搭載製品を買うより、Cellプロセッサ搭載のPS3ゲームコンソールをドッカリ買った方が安上がりという判断ですね。

PS3の5万2000円×2500台=1億3千万円で、しかもLinuxで世界最速のスパコンが出来ちゃうらしいですよ。

世界最強の米国空軍のスパコンが、PS3なんて、レンホーさん、湯川さん、鳩山さんはご存知なんでしょうか?

もし、PS4に228億円の国家予算をつぎ込んでくれれば、更なる世界最高のゲーム機スパコンが出来ちゃうんじゃないのかな?

とにかく、来年も見直しやスパコンのネットワーク化を計画するらしいですが・・・・

開発者よりも利用者の利便性を重視する見直しを行い、全国のスパコンをネットワーク化する計画を新たに加えた。来年から専門家の意見を募り、計画を固めて、再来年度の概算要求に盛り込む方針だ。

だから、PS3を5000台買う予算を立てましょうよ!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る