富士SWのF1日本グランプリ撤退問題にトヨタがコメント

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

富士スピードウェイがF1グランプリ開催から撤退しするというニュースは、複数の新聞、そしてNHKまで報道があったということで、かなり信憑性は高い筈ですがトヨタはこんなコメントを出してます。

富士スピードウェイでのF1日本GP開催について、内外のメディアが来年以降の開催を断念と報じているが、これについて親会社であるトヨタ自動車では、「まだ検討中」であるとしている。

っていうか、撤退するならするで、すぐに発表してほしいものですね。

Niftyの記事に書かれていたように、スーパーアグリの問題、そして、ホンダの撤退、さらに富士スピードウェイの撤退となると、日本人や日本のメーカーが本気でF1に取り組んでいるのか?という疑念が生じるばかりです。

トヨタにとっても、業績が絶好調時に、単にお金があり余っているから、F1に参戦し、富士スピードウェイを買収したんじゃないの?と言われてもしょうがないですね。
お金がなくなったら撤退・・・なんて、かっこ悪杉ですよね。

せめて、富士SWでF1開催を継続して日本のモータースポーツに貢献するとか、参戦当時の心意気を見せてほしいものです。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る