ホンダの最後のピュアスポーツS2000が生産終了

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

予告されていた通り、HONDA S2000が6月末で生産を終了したようです。

 「21世紀にふさわしい、新世代の”S”を…」と10年前に登場したS2000が、いよいよ今月末に製造を完了する。10年前に思い描いていた「21世紀」が、実際とはすこし違っていたことが原因かも知れない。20世紀の「未来への希望」の結晶ともいえるS2000は、充分に我々に夢を見せてくれた。心を熱くしてくれるクルマが、また一台消えてゆくのは、本当に悲しい。

ポルシェのオープンカー、ボクスターをも越えると言われた、超剛性ボディに、ホンダ唯一のFRドライブとレインと、9000rpmを超える超高回転縦置き四気筒エンジンを搭載したS2000。

勿論、派生機種無し、流用無しのホンモノのピュアスポーツとして、NSXと並びF1のホンダとして象徴的な超硬派なスポーツカーでした。

おりしもF1チャンピオンを獲得出来ないまま、ホンダらしく無い撤退をした次の年、これからはエコカーの開発に集中投資すると宣言、つまりは、ホンダの歴史の転換点にある大切な年として、S2000もその役割を終えるというわけです。

貴重なS2000の新車は、いまオーダーすると最終ロットを手に入れることは出来るのでしょうか?
とにかく、ホンダが好き、S2000が好き、オープンカーが好き、FRが好きという方は、オーダーしておいた方が良いかもしれませんね。。。。。

もしかしたら、転売(ry

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る