ラリーを始めて1年の哀川翔さんパイクスピークを完走

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

自分でラリーチームを立ち上げていた、タレントの哀川翔さんが、なんとアメリカで第87回を迎えるという伝統のヒルクライムレース、パイクスピークに出場し完走されたそうです

パイクスピークは前半が舗装路、後半がダートの最高到達地点が4000m以上という富士山より高い場所に向かって、ワンディングロードをタイムトライアルするヒルクライムレースで、なによりもドライビングをミスすると、ガードレールが無い道から、落下?なんていう超キケンなレースでもあり、過酷な条件の変化から、ラリーを始めて1年の哀川さんが完走を果たしたということは賞賛に値するとのことです。

おめでとうございます!

ちなみに、総合優勝は、歴代スズキマシンで戦う、モンスター田嶋さんが、今年も圧勝のようした。

こちらもおめでとうございます!

こちらはパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(Pikes Peak International Hillclimb)のホームページ

こちらは、哀川翔さんのラリーチーム、MEN’S TENORAS with Show Aikawa RALLY TEAM

こちらは、哀川翔さんの公式ページでのご報告

‘09.7.14 アメリカコロラド州コロラドスプリングス
「第87 回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」
PPO(パイクスピークオープンクラス)で出場!
ハイパワーマシンに引けをとらない走りで、5位完走を果たす!

関連ニュース:

「第87回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」のレースディ(決勝)が19日、アメリカ、パイクスピークハイウェイ(全長約20km)で行われ、初参戦の哀川翔選手と奴田原文雄選手(コドライバー)が完走した。

俳優・哀川翔とMEN’S TENORAS with Show Aikawa RALLY TEAMは、アメリカコロラド州コロラドスプリングスで開催される「第 87回パイクスピーク・インターナシナル・ヒルクライム」に参戦する。17日まで3日間の練習走行を終えた。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る