アロンソの苦手と彼が引退するとき

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

アロンソはブリヂストンタイヤが苦手だったことを告白しました。

フェルナンド・アロンソは、ブリヂストンのグルーブタイヤが苦手だったことを認めた。

しかし、苦手な状態で、ハミルトンと同じクルマに乗って同じくらいの速さを見せたアロンソ・・・
そして、ルノーではピケに対して十分過ぎる速さを示していたアロンソは、仮に得意なミシュランタイヤだったとすれば・・・・

なんて考えるのはF1の世界では無駄な時間ってことですね(^^;;

そしてアロンソは、将来のことも語っています。。。。

仮に統一エンジンレギュレーションが実施されたとき、、、、引退するかも。。。なんて脅しを掛けています。

ドライバーだってそんな方向は望んでいないし、僕ももちろん反対さ。
それでも導入するというのであれば、僕はこの世界から立ち去ることになるだろう」と、F1引退すらこのチャンピオンは示唆した

「もし彼らがそのルールに賛成するのなら、もう我慢の限界になるだろうね。引退を考える時かもしれないよ」と、アロンソはロイターに語った

アロンソにしてみれば、マシンが難しければ難しいほど、ドライビングに自信があるということですね。。。。
ということで、80馬力加わる一方で、まだまだ未成熟なKERSを利用してみるのはいかがでしょうか?(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る