【MotoGP】シートは無いけどロックスター【F1】

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

皇帝シューマッハが、21世紀のF1を盛り上げたのだとすれば彼だけの功績では無いとか、いろいろ異論反論が出てくると思いますが、一方のバイクの世界GPである、MotoGPを人気スポーツとして保っているのは間違い無く、バレンティーノ・ロッシの存在があってからこそ、というのは誰もが一致する意見である筈です。

ロッシの2009年カレンダー →

先日フェラーリF1で再びテストを行ったロッシですが、コースレコードの2秒落ちまで、タイムを出すという公約を果たし、やはりバイクの王者は四輪でもただならぬ実力を発揮することを完全に証明しました。

そこで、誰かがシューマッハをはじめ幾人ものF1ドライバーの父となった、ルノーF1のトップ、フラビオ・ブリアトーレに、ロッシってどうよ?の質問をしたようです。

ルノーを率いているフラビオ・ブリアトーレは、バレンティーノ・ロッシにF1のレースシートをオファーするつもりがないと語っている。

当然、ルノーにはロッシのシートは準備されていないという回答でしたが、MotoGPでのロッシの偉大なる存在と、彼の人気の秘密を、ロックスターという表現で説明してくれています。

さすがブリアトーレ、ですね

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る