iPodの勢いに、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

iPodは携帯音楽プレイヤーの代名詞になりました。
日本でも「iPod課金問題」とか本来固有名詞であるiPodが、音楽プレイヤーを示す名詞として使われています。

AppleはiPodを世界標準のアイテムに育てた訳でですが、世界中の人がiPodを手にした今、、、iPodの売り上げはそろそろ頭打ちになっていくのかもしれません・・・

奇妙な言い方だが、iPodはアップルの悩みの種になるかもしれない。携帯音楽プレーヤーの代名詞とも言えるiPodにより、革新的企業としての同社の評価は一層確固たるものになった。また、アップルの近年の好調な業績を支えてきたのもiPodだ。

 しかし、それも過去の話になった観がある。

これまでAppleを支えてきたiPodがあったからこそ、一蓮托生であるiTunes Storeのビジネスも成り立ち、iPhoneがスマートフォンの世界でいきなり主役になった要因であると思います。

しかし逆にiPodに飽きたとすれば、iPhoneの魅力も半減する訳で、他のスマートフォンがiPhoneライクなタッチパネルを備えほぼ同じようなことが出来る状況ではやはりiPodならではブランド力のようなものを確実に引き継いで行くのがAppleの命題かもしれません。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る