ルノーF1ブリアトーレ氏が予算削減指南

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

F1トップチームの中で低予算で知られるルノーF1代表、ブリアトーレ氏が世界的な経済危機画勃発したことで、F1に掛ける費用の低減が真剣な話題になっている中、まだ手緩いと批判されています。

世界的な経済危機がフォーミュラワンの分野をも襲ったいま、FIA(国際自動車連盟)とFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)とは2009年シーズンから約30%のコスト削減案を明らかにしているが、ルノー・チームのフラビオ・ブリアトーレ代表はそれでも「まだ手ぬるい」と、意気軒昂なところをみせている。

なんと、70%予算削減が可能ということで、トップチームが300億円?400億円であるなら、約100億円で済むということですね。

まぁ100億円でも、すごい金額なのですが、フェラーリ黄金期、そして皇帝シューマッハをそんな予算で撃破したブリアトーレ氏が言うのだから重みがありますね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る