MotoGP イタリアGP決勝あのメットはどうなったのか

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

WPG第6戦イタリアGP。
ポールポジションはとんでもないw地元スペシャルヘルメットを準備したFIAT YAMAHAのVロッシですが、決勝はどうなったんでしょう!?
イタリアGPは盛り上がったようですよ〜

ということで、結局ロッシは地元イタリアGP超無敵の7連勝〜

ムジェロサーキットで行われたイタリアGP決勝は、ヴァレンティーノ・ロッシが今シーズン3連勝を飾り、母国グランプリで無敵の7連覇を達成した。ロッシはスタートで出遅れて4番手にポジションを落としたものの3周目でトップを取り戻し、その後は独走態勢を築いてトップチェッカーを受けた。2位にはケイシー・ストーナー、3位にはダニ・ペドロサが入った。

そして2位はドゥカティのストーナーが帰ってきました!
ホンダのペドロサは安定して表彰だしゲットの3位。

そしてチャンピオンランキングポイントは、ロッシが122ptでトップ。2位はホンダのペドロサが110pt、3位はガキ大将なヤマハのロレンソが94ptとなっております。

そして、イタリアGPで中野選手ともう1人の日本人ライダーがワイルドカードで出場。
それは、ホンダでMotoGPマシンのテストを担当している超ベテランの岡田忠之選手!
2000年のGP500から引退、そして2001年にはレースの第一線から退いていた岡田選手。
実に8年ぶりのWGP復活なのです。
MotoGPにスポットとは言え復活でした。
目的はあくまでもエンジンのチェックということで、結果は14位。
とにかく完走おめでとうございます!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る