ホンダF1 フライ氏のフライング発言?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

アノSuper AGURIを切ったHONDA F1のCEOニック・フライ氏が今期ドライバーに安泰するなと釘を刺しました

ホンダ・チームのニック・フライ/CEOが、同チームのドライバーについて「いずれのドライバーも来季シートは決まったものではない」との認識を『GPウィーク』で示し、注目されている。

一方、フェラーリのテクニカルディレクター、ロスブラウン氏は今シーズン当初から、狙いは2009年と明言。
つまりホンダはブレーキ回生システムなど大幅にレギュレーションが変更される2009年が飛躍のチャンスだと睨んでいるようです。

ニック・フライ氏がスーパーアグリを切ったのも、このドライバー入れ替え発言も2009年の準備なのかもしれませんね。

ただ、2009年をターゲットにしていると名言しながら、成績が残せない理由でドライバーを交代させるのも、かわいそうな話ですね、、、、
バトンとバリチェロのB&Bコンビ(^^;;のモチベーションは続のでしょうか?

そして、仮にドライバーが入れ替わるとすれば、誰がシートに座ることになるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る