F1開幕前イケイケチームと控え目チーム

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

いよいよF1も開幕、メルボルンを前にしてロスブラウンを迎えたホンダチームは復活のシナリオを予測しています。

ヘレスで行われた最後の単独テストについて、その詳細は明らかにされていないが、バトンらチームスタッフの表情が明るいことは確かのようだ

かなりいいタイムを確認できた。(フェラーリとマクラーレンの)トップ2に続くセカンド集団の中には入れると思う。

もしホンダが中位の下の方に沈むとすれば、待ち構えているのはこちらのチーム。
フォースインディアはかなりのイケイケコメントです。

今季インド資本を得て新生フォース・インディアに生まれ変わった同チームでは、「開幕からグリッド後位には甘んじない」と、コリン・コルズ代表が力強く宣言した。

一方、ご老体に鞭打ってテストを終え、控えめな状況を語っているのは、レッドブル・レーシング

二人合わせて67歳という「老人コンビ」になるレッドブル・レーシングのドライバーだが、そのマーク・ウェバーは「われわれは開幕戦、最高の状態じゃない」と、苦しい状況を明らかにした。

更に、もっと控えめなチームはルノー

開幕戦を迎えるにあたり、ルノー・チームのフラビオ・ブリアトーレは「われわれにとって開幕3戦は捨てレース」と、異例の見解をフランス『ディマンシュ・ジャーナル』紙に示した。

昨年の実績から言えばルノー>レッドブル>ホンダ>フォースインディアとなるのですが、果たしてこの4チームの勢力入れ替えはあるのでしょうか?
ホンダはルノーくらいのポジションが目標、フォースインディアはレッドブルくらいのポジションが狙い目なのかな?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る