超かっこよくなったデジカメRICOH R8登場!!そしてさようならCaplio

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

今日発表されたリコーのコンパクトデジタルカメラR8。
素晴らしいデザインで登場です。

光学式手ぶれ補正と広角ズームレンズ搭載
写真にもカメラにもこだわる人向けの「RICOH R8」

「毎日使いたくなる道具」をコンセプトにデザインを一新した7.1倍ズームデジカメ。

リコーは、1000万画素CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラの新製品として、28?200mm相当の光学7.1倍ズームを搭載したハイエンド機「R8」と、光学5倍ズームのコンパクト機「R50」を3月7日より発売する。価格はどちらもオープンだが、推定市場価格はR8が5万円前後、R50が3万円前後。

リコーは2月19日、コンパクトデジタルカメラ「R8」を3月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

R8は、最薄部22.6mmボディに28?200mm/F3.3?F5.2の光学7.1倍ズーム搭載コンパクトデジタルカメラ。2.7型液晶や、正方形フォーマット撮影機能などを装備する。

コンパクトデジタルカメラの新製品として、高精細1000万画素CCD、光学7.1倍(焦点距離の35mm換算値で28mm?200mm)の広角・高倍率ズームを搭載し、撮影機能を向上した充実機能の「R8」を開発し、新発売いたします。

いやこれまでのコンパクトデジタルカメラの中で一番スマートでシンプルなデザインのカメラと言っても過言で無いような素晴らしいデザインです。

アルミ合金の筐体にヘアライン仕上げ、そしてポリカーボネイトのグリップの高級な素材感。
そしてそそられるモードダイアルと高級感溢れる金属のレリーズボタン。
背面のボタンも不要に大きく無く最小限の数で直線配置。凹があるボタン周りのデザインもさりげないインテリな雰囲気。
更になんと言っても薄くスクエアなディティールに沈胴するとほぼフラットになるズームレンズ。どれもこれも素晴らしく、大げさに言えばカメラとして普遍性のあるデザインが最高ですね。
これが次期GR DIGITAL 、GRD3と言っても誰も文句を言わないでしょう。
今自分のGRD2を取り出して見てもイモっぽく見えて着ました(^^;

そしてR8はこのデザインだけでも買い!だと言うのに、リコーのRシリーズで完成された7倍ズームレンズは広角28mm-望遠200mmが使え、1cmまで寄れるマクロにCCDシフト方式の手ぶれ補正付き。
画像処理エンジンも改良されR7の時点でも意外なほど高感度が強いそうです。
RICOH R8は、デザインも性能も、今時点のデジタルカメラの中で最も洗練された魅力溢れるデジカメだと思いますし、流石にここまでかっこ良いデザインにしちゃうとCaplioという名称が似合わなくなったといのも面白いですね。

って、個人的には絶賛状態なのですが、逆にこのデザインであれば、いつまでも手にしておきたいということで、今すぐじゃなくて、R9が出る寸前に(このデザインが変更されるなら)底値;;;^^)で購入することを検討してみます(爆)


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る