F1テスト:フェラーリ『F2008』新旧チャンピオン対決はっ!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

昨日、バルセロナ合同テストで、フェラーリF1新型マシンによるシューマッハとライコネンの対決が実現しました。

バルセロナ・サーキットを舞台に再び合同テストが始められるが、なんといっても注目は元7回の世界チャンピオン、ミハエル・シューマッハによる『F2008』初テストだ。

その結果は、、、

注目のフェラーリチャンピオンの対決、結局わずかながらライコネンの勝ちとなりました!

ライコネンが2番手。
シューマッハ3番手に

まぁプレスが煽って同じマシンでどっちが速いのか?っていうことですが、両者のクルマはテスト目的がそれぞれあるようで、その中で0.1秒差で2位3位というのは、まぁシューマッハが大人のタイムということなのかもしれません。

大切なシーズン開幕前、わざわざライコネンを精神的に追い込むようなタイムを出すなんて大人気無いこと、フェラーリからお給料もらっているシューマッハなら考えてるのかもしれません。
また、ライコネンもシューマッハのロガーデータを当然100%参考に出来る訳で、シューマッハは基準タイム、ベンチマークとしての役割もあったのかもしれません。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る