選挙男

スポンサードリンク

郵政民営化否決、そして国会解散ということで、9月11日まで日本は熱い選挙モードに入ります。
政治のことはよくわからないのですが、とにかく街は賑やかになることでしょう。
一報ネットの世界ではここ2?3年の間Blogが一般にも浸透しネットに接続できるひとは自由に意見をアップする環境が整いました。今度の選挙は当然Blogが脚光を浴びそうです。

テクノラティ、衆議院選挙に関する“生の声”を提供–テレビや新聞との連携も – CNET Japan

色々なアイデアが、、、
はてな、政党を株式に見立てて総選挙結果を予測 – CNET Japan

もうアメリカなどでは選挙=Blog、が当然のようになりつつあります。
日本でも既に選挙+Blogをググると沢山のサイトがヒットします。

"ele-log (エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家Blog

出馬=Blog活動という流れも当然考えられます。
2005年の都議選では、“選挙男”が出現しました。

2005都議選

コアラ Internet Blog | 今話題の「選挙男」

結局、ここで何が言いたいかというと、街頭や道路で大音量で選挙活動する日本の独自文化?のはそろそろ止めにして欲しいもんです。
例えばアメリカなどは選挙シーズンになると各家の前に投票を促す小さな(目立つ)旗を立てるなどして町全体が盛り上がりますが、大音量で巡回する活動はありません。
街中を大音量で威圧的な行動をするということは、○走族程度のものでしょう。
ちなみに、暴○族を珍走族と呼ぶ活動がありましたが、どうなったんでしょうね!(^^;;;

暴走族を珍走団とお呼び

とにかくこれからのネット社会、Blog、SNS、メールなど駆使して当選する方が出てそろそろ文化を変えてほしいですね!

あらら、早速、、、

Yahoo!ニュース – 読売新聞 – 真夏の選挙戦に突入、与野党キーマン走り出す

追記:

Yahoo様も同様の記事がアップされました。

Yahoo!ニュース – ITmediaニュース – ブログが見た「否決・解散・総選挙」

やはりBlogが普及しての初めての選挙とのこと、、、

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト