iTuesライブラリの引っ越し(Mac)

スポンサードリンク

G5を購入した際、パーティションを切り過ぎて、パーティションのボリュームが満タン!(^^;;;
これ以上iTunesライブラリに音楽を追加する領域が無くなりました!!
なもんで外付けディスクに引っ越し、、、しようとしましたが、そんなに簡単には出来ません、、、、

単純に現在のライブラルが入ってるフォルダを外付けディスクにコピーし、上の”詳細”で設定できるフォルダの位置を変更してもダメでした。
で、ネットで調べてもなかなか移動の方法が見つかりません。。。。あまりにも常識で、そんなこと書かなくっても解るのでしょうか?

で、かなりのトライ&エラーを重ねた結果、、、以下の方法で成功、、、マネしてどうなっても責任は絶対取りません!m(_._)m

1. iTunesを立ち上げ、メニューから ファイル→曲リストの書き出しを実行。
テキストファイルで曲データリストを書き出しておく。
また、iTuesに保存している全曲数をメモしておく。
iTunesを終了? 

2. ~/users/[自分のユーザ]/Music/iTunes  のフォルダをバックアップする。
ここに音楽が入っている場合はかなりの容量になります!

3. iTunesフォルダの中にあるiTunes Music フォルダを移行したいディスクにコピー
これが音楽ファイルですね!
最悪これさえあれば、再度iTunesにドロップすれば簡単に復活!しかしマイレート等は失われます。

4. iTunesフォルダの中にある iTunes Music Library.xmlをデスクトップなどに移動する。
移動前にバックアップを忘れずに。

5. コピーしたiTunes Music Library.xmlをテキストエディタで開く。

6. 上記XMLファイルの音楽ファイルのパスを全て、移行先のパスに書き換え保存する。

7. ~/users/[自分のユーザ]/Music/iTunes フォルダを消去する!!
勇気が入りますよね!

8. iTunesを立ち上げる。
空のライブラリになりますよね!

9. iTunesのメニューから 環境設定→詳細タブのダイアログで
“iTunesフォルダの場所”を移行先に変更する。
“ライブラリへの追加時にファイルをiTunesフォルダにコピーする”のチェックを外す。

10. iTunesのメニューから、ファイル→読み込み
より6で編集しデスクトップなどに保存しておいたXMLファイルを指定して実行。

11.しばらくして成功したらOK!
データファイルがみつからないとのエラーが出る場合がありますが、
何らかの原因で音楽ファイルが消失していたかもしれません。

このとき 1. でメモしておいた曲数と少ししか違わない場合は、まぁいいか(笑)でスルーしてもいいですが、大きく曲数が違う場合や、少しでも気になる場合は、
再度、iTuesのメニューから ファイル→曲リストを書き出し でテキストファイルに曲リストを書き出します。
そして 1. で書き出したファイルと比較して無くなった曲を探し出します。(この時、テキストファイルはエディタでソートしなければ比較できませんよね)
無くなった音楽は、バックアップしておいたフォルダから探し出すことが出来ればラッキー!再度 iTunesにフォルダをドロップしてライブラリに追加しましょう。
もしバックアップしておいら音楽フォルダからファイルが見つからないようであれば、元々何らかの理由でファイルが無かったものと思われます?残念、、、、

これでiTunesのライブラリを外付けディスクに移行することが成功しました!
同じことをされる場合は、何度もリハーサルをしてやらなければ必ず(笑)失敗しますのでご注意!!

ちなみに後でもう少し簡単な方法を発見しました。
上記3.5.6.はやりません。
違うのは、

7. をやらない代わりに、
iTunesフォルダの中にある iTunes 4 Music Library と iTunes Music Library.xmlを消去する。
これで、iTunesは空で立ち上がるようになります。

9.で環境設定を今度は
“ライブラリへの追加時にファイルをiTunesフォルダにコピーする”のチェックを入れる、と設定します。
ライブラリの場所はちゃんと変更しておいてくださいね。

そしてXMLファイルを読み込むと、読み込んだ後にiTunesがせっせと元フォルダから移行先にコピーを始める筈です。
こちらの方が手数が少ないですし、元を消さないので(そもそも不要なので後で消すのですが)安全ですが、手順を間違えるとライブラリがぐちゃぐちゃになりそうでちょっと混乱してしまうかもですね。

どちらにしても、どうしてもディスクが一杯になるなどの状況で移行をやらなければならないようであれば、完璧なバックアップと何度もリハーサルをしてやってくださいね!

おっと、バックアップではないですがApple TILページでライブラリの再構築に関して同様の方法が紹介されてました!(2005/05/03)
アップル – サポート – TIL

結局iTuesについて書かれた本を読めば、この方法も書いてあるものと思われますから、そちらがおすすめ!



スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト