iPod購入先送り作戦(^^;;;

スポンサードリンク

新しい携帯プレイヤーをゲットしました。勿論iPodではありません(^^;
ちなみに、最近は“MP3プレイヤー”とは言わないみたいですね。

ゲットしたのはCreative社のNOMAD MuVo2 4Gです。が、その抜け殻に512MのCFを入ました。
MuVo2の抜け殻ネタは激しく既出なのですが、本体25k円で買って分解すると40k円相当の4Gマイクロドライブがゲットできるという怖いお話で(^^;1眼デジカメユーザの間ではお世話になっている方が相当いらっしゃるみたいですね。でこの仕様のおかげで、MuVo2がしばらくの間売り上げランキング上位に食い込んでました。結果抜け殻も多数発生みたいです。

さて、自分が歴代買った携帯プレイヤー3つともCreative社製です。スマートメディアが刺せる初代Nomad、極少でUSBマスストレージの初代MuVoです。
ちなみに今回のMuVo2もマスストレージで専用の転送ソフトが必要なくMac/Winで使えます。チェックイン/アウトも必要ありませんが、これって著作権的にグレーなので大メーカーのプレイヤーはそうなってません。

ま、とにかく音楽ファイルの読み書きがどのマシンでもソフト立ち上げないで気楽に出来るということが気に入ってます。

今回は容量がもともと4Gだったものが500Mになってとっても悲しいのですが、安かったし(CF代1万)、逆に気に入ったファイルだけ転送して毎回書き換えで潔いです(笑)それでも5?6時間分なのでまぁちょうどいい容量かもしれません。

あと悪あがきですが、MuVo2の良い点として音質が上げられます。
私自身は聞いても音質の違いは判らないのですが、スペックの中のS/N比という項目が98dbと携帯プレイヤーの中ではぶっちぎりいいのと、ヘッドホン出力値が高いということ(要は歪みにくい?)で音質がいいプレイヤー(少なくともCreative社の中では)という評判です。
ちなみにiP○dの場合はそのへんのスペックが一切公開されてません。

一方、MuVo2の悪い点はデザインと操作性です。
デザインに関してはiPod/iPod minと並んで比較すること自体失礼なので言うことありません。
操作性もiPodのホイールに勝てるプレイヤーは無いようですが、MuVo2のそれはそれ以上にひどすぎます(笑)
でも、そもそもベタで音楽ファイルを入れて後はシャッフルプレイモードにまかせちゃいますので操作なスタートボタン押すだけ。だから操作性なんて大丈夫です!

とにかくいつかはiPod買いたいです!(ちょっとうそ;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト