ロールス・ロイスWraithのPVは100台のニコン一眼レフカメラで撮影

スポンサードリンク

ロールス・ロイスの公式プロモーションビデオ「Wraith. And the world stood still.」のメイキング動画が公開されています。

ビデオの中で、マトリックスで有名になった、パレットタイム撮影が使われていますが、今回はなんとニコンの一眼レフカメラ100台!(35mm単焦点レンズを装着、おそらくニコンD7000なんでしょうかね?)を総延長1.5kmのケーブルで接続、それをこれまで欧州の撮影で最大のアレイマウントを組んでいるということです、、、、

流石世界最高の高級車のPVに掛ける仕掛けとお金も世界最高級ということなんですねー

完成した作品はこちら

うーん、いつかはロールス・ロイス。。。。;;;^^)


スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “ロールス・ロイスWraithのPVは100台のニコン一眼レフカメラで撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です