F1中国GP予選終了ここで速くなったのは?

スポンサードリンク

F1中国GP予選が終わっています。
フェラーリがKERSに見切りを付け→F1中国GPでフェラーリがちょっと速くなるかも – :: 246 log ::

更に、予選の前に、BMWのクビサとルノーのアロンソとピケはKERSを搭載しないことを決めました。

ルノーの2台とBMWザウバーのロバート・クビサは、中国GPでKERSを搭載せずに戦うことに決めた。

KERSを搭載しているのはマクラーレンとBMWのハイドフェルド・・・・くらいになっちゃったのかもしれません。

さてそれがどのように結果に影響したのでしょうか?

やりました!昨年、トロロッソで奇跡の勝利を収め、今期鳴り物入りでレッドブルに移籍した、ベッテルがポールポジションです!!

2009年中国GPのポールポジションはレッドブルの新鋭セバスチャン・ベッテルが獲得した。
ベッテルのアタックはこのQ3でも満を持したただ一度だけのもの。
自身通算2回目のポールポジションで、1回目は2008年のイタリアGP。
この時はみごとポールTOウィンでトロ・ロッソに初勝利をもたらせている。

しかも、Q2とQ3と一発アタックという超クールなポールポジションゲットです。

そして、KERSを搭載しなかったアロンソがフロントローに並びました!!

フリー走行で復調の兆しがあったマクラーレンですが、ハミルトンこそQ3進出(昨年からすればあたりまえですが)するものの、最後はやはりKERSが弱点となったのか、9位に終わる結果になりました。
予選2番手にジャンプアップしたルノーの決断は正しかったようです。

ブラウンGPも2台ともQ3に進み安定した速さを示しています。

F1第3戦でブラウンGPを破ったのは、マクラーレンでもフェラーリでもBMWでもトヨタでもルノーでも無く、レッドブルのベッテルがそれをやったということで、今期また新たなドラマ第三章の予感です。

予選結果はこちら

関連記事:

現地時間11時から行われたフリー走行3回目で、トップタイムを記録したのはニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)だった。また、このセッションでギアボックスに問題が発生したティモ・グロック(トヨタ)は、ギアボックスを交換していた。予定外のギアボックス交換を行ったグロックは、5グリッド降格のペナルティーを受けることになる。

スポンサードリンク

アマゾン