ライコネンがセナ、シューマッハになるには

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

フェラーリドライバーまで上り詰めたライコネンについて、かつてのボスであるペーター・ザウバー氏が語る。

FMotorsports F1: ライコネンに『技術力』加われば……

ライコネンが技術に無関心ということはよく語られていることですね。それだけにフェラーリは引退したシューマッハの助けが必要になったのかもしれません。

一方でホンダによるデータロガー聡明期の音速の貴公子セナ、様々なデータを分析し有効活用する時代でそれを生かした皇帝シューマッハの話も語りつかれていることです。

はたして今のF1にどのくらい技術が必要なのでしょうか?
ドライバーの全ての操作は記録され比較される仕組み、シュミレーションを活用して事前にあらゆることを予測するような仕組みが既に実用化されています。
もしかしたらドライバーは、コンピュータが出したベストな解を忠実にトレースする能力が一番必要なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る