F1中国GPでフェラーリがちょっと速くなるかも

スポンサードリンク

ディフューザ問題も結論が出、各チーム流石に中国GPで改良ディフューザを投入するのはキビしいようですが、フェラーリは中国GPでちょっと早くなるかもしれません・・・・

それは、いったいどういうことなんでしょうか?

AUTOSPORT.comによれば、フェラーリは中国GPでKERSを使用しないそうだからです(^^;;;

Ferrari will not use its kinetic energy recovery system in this weekend’s Chinese Grand Prix, team boss Stefano Domenicali has announced.

前のマレーシアGPで大雨の中、なんとKERSのバッテリーがショートし白煙を上げたところからも、まだフェラーリのKERSは未完成なのでは無いか?と予測されます。

となれば、ブレーキ時の問題、そして重量配分の問題も考慮すれば、コースレイアウトによってはKERSが無い方が有利になるかもしれません。

一方中国でも積極的にKERを使ってくるチームがあります。

まず、ルノーチームは中国GPでKERSを用いることを決定しました。

ルノーチームは、今週末の中国GPでもKERSを使用する予定だ。KERSはドライバーに限定的な推進力を与えるが、一方で重量が増すことでデメリットにもなるため、搭載するかどうかはドライバーにゆだねられている。

ルノーチームは、今週末の中国GPでもKERSを使用する予定だ。KERSはドライバーに限定的な推進力を与えるが、一方で重量が増すことでデメリットにもなるため、搭載するかどうかはドライバーにゆだねられている。

ルノーはKERSの進化に自信を持っているようです。

そしてBMWはこれまで、ドライバーの体重と身長の問題から、ハイドフェルドのマシンはKERSを搭載、に対し、クビサのマシンにはKERSを搭載していませんでした。

それがKERSシステムの小型化を達成し、クビサにKERSを搭載可能になったようです。

BMWザウバーは、スペインGPでロバート・クビサがKERSを搭載できるように軽量化したF1.09を投入する予定である。

BMWザウバー・チームによれば、今週行われる中国GPで同チームのロバート・クビサ(25歳:ポーランド)が初めて「KERS」(Kinetic Energy Recovery System:運動エネルギー回収システム)装置を使用する方針であることがわかった。

となればBMWのKERSの小型化によって一番の利益を受けるのは、元々KERSを搭載出来ていた、ハイドフィエルドの方かもしれませんね。

さて、中国ではKERSの選択が結果にどのように影響を与えることになるのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “F1中国GPでフェラーリがちょっと速くなるかも

Comments are closed.