Appleは製品を開発せず顧客が感じることをデザインする

スポンサードリンク

iPodやiPhoneなどアップルの製品は何故ここまでヒットするのか?こちらで解説されています。

ジョブズ氏のリーダーシップのもと、感動を呼ぶ製品開発とメッセージ発信が顧客のエモーションを熱く大きなものにして、2001年に始めたデジタル音楽事業をあっというまに1兆801億円(2007年9月期、$1=100円)もの巨大事業へと育てたのである。

キーワードは「ユーザーの体験(UX)」。

アップルは第一にはUXをデザインしたのであり、その実現のためにハード、ソフト、サービスなどの要素を開発したのである。

また、ジョブズ氏のことを”教祖”となぞらえて説明されていますが、一度Appleから弾圧され追い出させれ、復活し大活躍、、、ってのも、教祖ぽい要因でしょうか?

100年後にAppleが生き残っているとすれば、UXを提供する、宗教になっているかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン