角田裕毅さん2021年スクーデリア・アルファタウリ・ホンダでのF1参戦が決定!

AutoSportWebによればF1のテストに参加していた角田裕毅さんが来年にF1に参戦することを正式に発表したということです。

12月16日(水)、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、2021年シーズンに角田裕毅を起用することを発表した。チームはすでに2021年に向けピエール・ガスリーと契約を締結しており、来季2021年はガスリーと角田というコンビで戦うことになる。

Via:AutosportWEB – 角田裕毅、2021年にアルファタウリ・ホンダからF1

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの公式ページでも発表されていました。

角田裕毅さんは今シーズン参戦していたF2世界選手権で見事ランキング3位を獲得、来季はミハエルシューマッハの御子息ミック・シューマッハとともにF1参戦ということになります。

2020年のFIA-F2選手権が、F1サクヒールGPと併催の第12大会(12月4~6日)にて終幕。来季のF1昇格が期待される日本の角田裕毅はシリーズ3位となった。チャンピオンは来季ハースからF1に参戦するミック・シューマッハが獲得している。

Via: Response – 来季F1昇格が期待される角田裕毅

そしてシーズン終了直後のF1アブダビテストでも結果を残したことがF1参戦を決定付けたということですね。

アルファタウリ・ホンダからは、今季FIA F2に参戦したふたりの日本人ドライバー、角田裕毅と佐藤万璃音が参加。共に現行F1マシンのドライブは初めてだ。

Via: mortonsport.com – F1若手ドライバーテスト

コロナ禍もあり、本当に残念なことに既にホンダが2021年を以てF1のエンジンサプライヤーから撤退するということも発表されていますが、その最後のシーズンに日本人ドライバーがホンダエンジンのF1マシンに乗ることになるのは感慨深いものがあります。

これまで20人の日本人の方がF1ドライバになられましたが、その中で最高位の3位表彰台を獲得したのは、鈴木亜久里さん、佐藤琢磨さん小林可夢偉さん、の3名だけです。
角田裕毅さんはその小林可夢偉さん以来7年ぶりの日本人ドライバーということですね。

今季のF1最終戦ではホンダエンジンを搭載したレッドブルが圧勝を飾ったということで、エンジンも熟成時期に到達した感もありますので(そこで撤退なのは勿体なさすぎる、、、)来季の角田さんが活躍されるチャンスは十分以上にあるかと思います。

また2021年は延期された東京オリンピックが開催されることもあり、F1もオリンピックも日本で盛り上がってくれることを期待したいですね。

おそらく来年の秋にはコロナウィルスが収まっている筈ですので鈴鹿サーキットでのHONDA+角田さんの凱旋ランに期待したいですね!

アマゾンアソシエイト
楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください