HONDA PCX150(2017)を試乗してみた

スポンサードリンク

友人が150ccスクーター購入したということで、私も150ccスクーターどんなものかを知りたく、HONDA PCX150を試乗してみました。

HONDA PCX 150

このカタチ、流石大人気のPCXさんですね。

各部チェック

ハンドル周りはキレイにバーハンドルなデザインで纏められています。

HONDA PCX 150

スクーターのハンドルはカバーされている車種も多いですが、バーハンドルの方がちょっとやんちゃでスポーティですね。
アナログメーターはちょっと古いデザインですね(^^;

ハンドル左側ですが、ウィンカーが下に、ホーンが上にというレイアウト。

HONDA PCX 150

しかもホーンボタンは大きく使いやすい形状になっています。
ということは、ホーンを多用するお国向けということですね。

ハンドル右側にはアイドリングストップが付いているんですね。

HONDA PCX 150
ハザードボタンも付いていて充実の装備です。

 

キー周り。

HONDA PCX 150

シートと給油口のオープンボタンが付いていますね。

こちらも原付き(125cc)バイク用としては充実の装備です。
他社のバイクがキーを回してシートをオープンするというレガシーな操作ですがやはりこの方が便利です。

給油口〜、キー付き蓋では無く、ドアタイプなのがゴージャスで便利ですね。

HONDA PCX 150

燃料タンク容量は8.0Lと125ccクラススクーターの中では大容量。航続距離は300kmを超えるという感じでしょうか?

燃費も良いので給油の頻度が低く便利なんですね。

シートはシンプルな形状ですね。特にリアはフラットで無駄な造形が無く、荷物を載せる用途も考えているのでしょうかね

HONDA PCX 150

シート下のスペースは125ccクラスとしては大容量、フルフェイスは無理そうですがジェットヘルが入ってその後ろに使い易いスペースが生まれるのは流石ホンダさんの細かい気遣いといった感じですね。

HONDA PCX 150

デザイン

質感は流石ホンダということで、すばらしく纏められています。

HONDA PCX 150
全体的なフォルムはバランスが良いと思いますが、顔がちょっと節操がない感じかな(僭越ですがm(_._)m )

更にこれでも満足出来ない方はクロムメッキも加えることが出来るんですね。。。。。

やはり欧州市場よりアジア市場向けのデザインということなんでしょうか。
せっかくなのでCBR250RRのようなクールな顔のスクーターも見てみたいです。

 

試乗した感想

そしていよいよ試乗です、HONDA ESPエンジンどんな感じでしょうか?

HONDA PCX 150

エンジン

エンジンの完成度素晴らしいですね。震動が少なくかつ伝わってくるバイブレーションも柔らかい感じですね。そしてフラットなパワーの出方がとても扱いやすいですね。
流石150ccですので街中では十分な加速、ただスタートダッシュで遠心クラッチは優しく繋がるので信号グランプリには向かないでしょう。
あくまでもジェントルな走りのエンジンですね。

ブレーキ

最初フロントブレーキがめちゃめちゃプアな気がしました、リアブレーキを掛けながら気がついたのはインテグレートブレーキということなんですね。
ですので、フロントブレーキに最大限のストッピングパワーを与えるには、まずリアを強く掛けた後にフロントを加えてて行くという操作が必要です。

操作に慣れれば両輪で止まる感じはフロントダイブが少なく安定感抜群なのですが、、、、左ブレーキレバー主体ですから、普通のバイクと逆になるので違和感あります。
またリアだけ使うことが出来ないがちょっと不安です。

しかし125ccクラスのブレーキをフロントを3ポットキャリパーと2系統の油圧ラインまでしているのはホンダは凄いです(^^;

ハンドリング

街中でのスピード域ですが直進安定性というか、自立性というか、小型スクータのような忙しい感じがしないのが良かったです。
一方、直進からの交差点などでちょっとした方向転換は軽快で良いですが、一定のバンク以上でいきなり足元が不安になりました(^^;

後で調べて判ったのですが、タイヤサイズは前が90/90-14、後ろが100/90-14という大径ホイールに極細タイヤということなんですね。
つまりなんとなく自転車っぽい直進安定性とコーナリングが持ち味ということでしょうか?

まとめ

シティコミューターとしては、最高に扱いやすく低震動で快適なエンジン、軽快なハンドリング、コンパクトな車体、更に充実の装備とホンダバイクらしい素晴らしい完成度のバイクでした。

一方で、ツーリングというシーンは、PCXのコンセプトとしては入っていないということでしょう。
とは言え結果的には十分ツーリングも出来そうですが、ワインディングロードでは軽快過ぎて攻めてる感は薄そうです(^^;

 

でこの記事温存している(^^;間のPCX150の2018年モデルが発売されました。

大幅に強化されたダブルクレードルフレーム、14インチのまま太くなった前後タイヤ、ABSの搭載、そしてエンジンパワーアップ等、2017年モデルで足りなかった点が完全に補完されている感じですね。

つまりこれまで通りのシティコミューターとしても更に完璧になり、長距離ツーリングもこなす、オールラウンドな完璧スクーターになっていることでしょうね。

2018年モデルも試乗してみたい!!;;^^)



スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください