今度は100万人、、、、止まらないソニーのリーク

スポンサードリンク

ソニー「PlayStation Network(PSN)」と「Qriocity」が完全復旧になったばかりなのに。。。。今度はソニー・ピクチャーズから100万人分
完全に標的になっているようです。

ハッカーグループ LulzSec が、ソニー・ピクチャーズのデータベースから100万件を超える個人情報に不正アクセスを成功させたことを宣言し、うち約5万件をオンラインで公開しました。含まれるのは登録ユーザーのメールアドレス、平文パスワード、住所、誕生日、そのほかオプトインデータを含む個人情報。LulzSecはさらに、Sony Pictures のデータベースのパスワードを含むすべての管理者情報、7万5000件の ” music codes “、350万件の ” music coupons ” (ダウンロードコード) にも不正にアクセスできたとしています。

Via:ソニー・ピクチャーズにも不正アクセス、顧客情報がウェブに公開

しかも、今回はハッカー側から先に発表されちゃいましたね。
もうこのあたりで勘弁してください・・・・って感じですね。

ソニーおよびソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスリリースによると、本日6月2日(米国太平洋夏時間6月1日)から、「PlayStation Network(PSN)」の全サービスと、一部製品向けの「Music Unlimited powered by Qriocity(”キュリオシティ”ミュージックアンリミテッド)」を再開するそうです。

Via:「PlayStation Network(PSN)」と「Qriocity」の全サービスが本日から全面再開、日本などは後日案内 – GIGAZINE

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください