2011年F1ピレリタイヤはこうやって見分けよう

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

今期からF1の統一タイヤに指定されているピレリタイヤ、サイドウォールに描かれている「Prelli」と「P Zero」ロゴの色でタイヤの種類を見分けられるようになります。

色はこんな感じ

ドライタイヤ

赤 スーパーソフト
黄 ソフト
白 ミディアム
銀 ハード

ウェットタイヤ

橙 エクストリームウェット
水色 インターミディエイト

今シーズンからF1タイヤの独占供給メーカーとなるピレリタイヤでは、全部で6種類に及ぶタイヤを識別するため、独自のカラーリングを施すことを明らかにした。

ピレリは最初の3戦にはハードタイヤとソフトタイヤを持ち込むことを決定しており、開幕戦オーストラリアではシルバーとイエローのロゴのタイヤが見られることになる。

ちなみに、第一戦はソフトとハード、つまり、黄色と銀の組み合わせになります。
ピレリタイヤは今期レースをよりエキサイティングにするという目的で、極端に組み合わせにするという方針を出しています。
つまり、ハードとミディアム(銀と白)という組み合わせは無いということが、この配色でも判りますね。

またブリヂストンが、ラインの色で区別していましたが、ピレリの方がブランドとしてロゴを訴求出来る方法のようですね。

ピレリのモータースポーツ・ダイレクター、ポール・ヘンベリーはこう述べた。「20年ぶりのF1を非常に楽しみにしている。われわれはF1でイニシアチブを取る、カラフルなパートナーでありたい。サイドウオールに入った鮮やかなピレリのロゴ――これ以上にそれを象徴する方法があるだろうか?」

ピレリの発表によると、スーパーソフトは赤、ソフトは黄色、ミディアムは白、ハードは銀、ウエットはオレンジ、インターミディエイトは青の文字が入る。なお、各レースの決勝では、ウエットかインターミディエイトを使用しない限り、レースに持ち込まれる2種類のドライタイヤ両方を使用しなければならない。

昨シーズンまでは軟らかいほうのコンパウンドに緑のラインが入っていたが、今シーズンはコンパウンドごとに色で区別され、どのコンパウンドもタイヤのサイドウォールに色が塗られる

6色のカラーは以下の通り
・スーパーソフト:レッド
・ソフト:イエロー
・ミディアム:ホワイト
・ハード:シルバー
・ウェット:オレンジ
・インターミディエイト:ライトブルー


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください