最後のスペースシャトルを3Dステレオイメージで撮影したソニーNEX-5

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

NASAに予算が付けば2011年6月に退役する予定であるスペースシャトルそれまでの貴重な映像を3Dイメージとして記録する為のプロジェクトThe Last Shuttleで2台のソニーNEX-5が活躍することになるそうですよ。


このようにステレオイメージを撮影する為に、ほぼ人間の視差の距離にセットされた2台のNEX-5には、マウントアダプター経由でニコンの20mmレンズが装着されているそうです。
また、シャッターは、NEX-5の赤外線リモコン機能を利用した自作のレリーズ装置が使われているそうです。

“Hi we have a project covering the end of the Space Shuttle Program and wanted to do 3D images for part of it. Problem is to get the spacing between the cameras correct to give the proper 3D affect and not give the viewer a headache. Plus even though Sony has a 3D effect built into the camera but it does not capture 2 images at the same moment in time one photo is taken then the camera moves and another photo is taken. Best solution we found for great quality and speed is 2 Sony NEX-5′s. One camera is inverted and we are using 2 Nikon 20mm lenses with Nikon to Sony E adapters. The cameras are fired though IR Bob Fisher the projects “Widget Guy” created the circut and the San Diego Air & Space museum restoration shop machined the bracket. Bob then put it all together. The small size and weight make working with two NEX-5 a breeze and no shutter lag.

この2台のNEX-5で赤青のステレオイメージのサンプルはこちら

こちらのイメージはサンディエゴの航空宇宙博物館で販売されているそうですよ。

6月の最後のフライトまで、NEX-5が最後のスペースシャトルを3Dで記録し続けるということで、現在、NEX-5ユーザー休止中orzの私もとても光栄に感じています;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください