ジョナサン・アイブ氏がAppleを辞めたがっている

スポンサードリンク

気になる、記になるによれば、アップルのデザインを牽引してきたジョナサン・アイブ氏が退社したがっているそうです。

Cult of Macが、伝えられるところによると、これまでに多くのApple製品をデザインしてきたAppleのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長であるジョナサン・アイブ氏が母国のイギリスへ帰りたがっているようだと伝えています

Jony Ive?!

アイブ氏はイギリスに帰って家庭を大切にしたいそうですが、そのためにストック・オプションを売り払っているそうです。
このタイミングで退社の意向を示すということは、ジョブズ氏の健康問題と何か関係でもあるんですかねー

apple_jonathan_ive_steve_jobs

アイブ氏はジョブズ氏復活と共に、iMacのデザインから現在まで世界中を魅了したアップル製品のデザインの中心人物、アップルを再生させマイクロソフト以上の(時価総額)の企業にまで育てたキーパーソンですが、退社されるとなると、ある意味アップルの魅力の1つが無くなってしまうような気がします。

アイブデザインのMacは良かったなーなんてことにならないように後継者の方々も頑張ってくださいね!

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/10/029/index.html

ジョナサン・アイブ(Jonathan Paul Ive, CBE、1967年2月生まれ)は、イギリス人デザイナーであり、 アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長。 彼は、iMac、アルミニウムおよびチタニアムPowerBook G4、MacBook、 ユニボディーMacBook Pro、iPod、iPhoneそして、iPadのデザイン担当者として国際的に知られている。


スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください