WiMAX体験ブロガーイベント ~WiMAXの進化を体感せよ!~:レポート3

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

◆UQWiMAX 田中孝司 会長のご挨拶

これまでKDDIの社長と兼務で二束のわらじを続けていると頭が薄くなるw

疲れて帰宅するとそのまま寝る⇒毛根に脂がたまる⇒朝シャンして髪抜ける orz

UQWiMAXの社長をゆずって少し安心し、リアップを始めた。でもやっぱり効かない。 😉


UQWiMAX事業はまぁまぁ軌道に乗って来た。今後は数字を増やす必要がある

積極的に基地局を増やす。10000局になるり記念写真を撮るのが目標。

田中会長はブロガーミーティングに是非参加したいとのことで別なアポから急遽参加して頂くほどの熱の入れようでした。感激ですね!

で少し休憩して、軽食のサンドイッチ。美味しかったっす。 😮


◆質疑応答ターイム!

・高速化する3.9Gとどう戦うのか?

WiMAXは事実上の4G 米国ではSprintなどの高速通信と同様の方式でOFDMA 2つの方式TDD/FDDをサポートする。

日本やアメリカはFDDを推進、ヨーロッパは3.9GのLTEを推進している。

WIMAXはコストが安いのが特徴 🙂 、更なる高速化も可能。

LTEも帯域を増やして存続するので共存して行く筈。世の中のマスコミが言うようにWIMAX .v.s. LTEの構図では無い。

今後データ通信は無線に全部移行すると帯域が足りなくなる筈。

2014年くらいに日本中の端末無線化し帯域はオーバーフローする。

PCでは1端末あたり1月平均3Gbyte、スマートフォンは月間平均500Mbyteとデータ量があり、今後まだまだ苦しい時代になる筈。

スマートフォンは中間層として3G通信が主流だがそこからオーバーフローした部分をWiFiがカバーすると思われる。

それ以降は最適な通信方式を選択するシステムになると思われる。⇒2015年くらいと言っていたが、2013年に出てくることになるかもしれない。

キャリアにとってタフな時代、たとえばiPhoneは10倍くらいの帯域を使のでトラフィックが流れなくなる現象が発生しておりソフトバンクは既に非常に厳しい筈。アメリカは既に従量制の時代になっている。

とにかくがんばるしかない、料金を上げること無く頑張っていきたい。


・WIMAXと3.9Gなどが併用出来るルーターとなるのか?

そうなるでしょう

米国ではドングルを開の中にダブルチップが入っている端末を見てきた。

ボックスタイプではWIFIをとして使いバックホール普通の無線LANシステムになるような端末も出る。

総務省やアメリカの調査機関では、数年のうちには数百Mbpsの回線が必要とういう調査結果がある。 😯


・料金形態について、複数で同時に使えないということだが。。。

月200円通信カードを追加出来る

複数のカードを同時に使うとことは出来ず、後勝ちになる。

夫婦で使っていると、奥さんとけんかになるので止めた方が良い 😆

カードの設定を自動再接続設定されていると、お互いが再接続しようとするのでお互いが繋がらないような動作になるので注意して欲しい。


・地下鉄では使えるようになるのか?

設置がなかなか難しい。

シームレスでは無いが都営線ではWIFIが使えるようになっている。


・イーモバイルの1円パソコンなどUQも端末セット販売はやらないのか?

個人意見だが、セット販売では実はローンの金利的なものが加わっているのでは無いか?ちゃんと説明されていれば良いが、カードなどで同様の購入方法も選択出来ると思う。

⇒実際はクレジット契約出来ない人が電話料金契約で購入出来るので、それなりに需要はある。

・イーモバイルでは今後帯域制限をやるようだが、UQWiMAXは帯域制限を考えているのか?

現時点では帯域制限する計画は無いが、これまで説明したように今後はわからない


・音声端末は出さないのか?ディザリングはやらないのか?

UQWiMAXのはデータ通信が中心。音声端末はやはり専用の機種が向いているのでは無いか?

⇒端末を2つを持ち歩きたくないので1台にまとめたい。

⇒データ通信も同じ端末でやるとバッテリーを気にしなければならない。バッテリーの進歩は時間が掛かる。 😕

安い携帯電話と2つ端末を持つのも良いかと思う。

UQWiMAXはディレイが非常に少ないので実はパケット音声通話をすると通話通話品質が良い。3Gで帯域が狭い携帯電話より通話品質が良いと思う。

一方yiPhoneでSkpeを使った場合非常に大きな遅れが発生する筈実用になるか微妙。


・端末の数が多くてわかりにくい

以前よりHPを変更して分類など頑張ったがまだ満足していない。

価格.comではWiMAX搭載パソコンをスペック検索をすると100種類超えている。


◆タッチ&トライ

会場には、USB端末、WiFi端末、WiMAXチップ内蔵のPCが沢山展示されていました。

田中会長、野坂社長も交え超スーパー豪華なディスカッション!w

勿論、技術者の方に直接ご質問出来る貴重な機会でもありました。

iPad、Ey-Fi Shareと、UQWiMAXのSpeed WiFiを組み合わせると、凄い便利!というかある意味必須かも・・・


◆ブロガーの方の利用方法もディスカッション

田中会長のユニークなお人柄には皆さん感激だったようです

 

という感じで、時間をオーバしながらとても楽しいブロガーミーティングが終了。

 

UQWiMAXの会長と社長、そして、技術の方から直接熱いご説明を受け、WiMAXの普及に大変なパワーの注入と努力をされているのが解りました。

通信エリアも他のデータ通信会社に対して遜色の無いレベルになり、そして高速、かつ安価となれば、これから一気にブレークするのでは無いでしょうか?

普段使っているデータ通信がこれほど多くの方のお仕事に支えられているというのが良く解る楽しいミーティングでした。高速モバイル通信、高速モバイルインターネットならデータ通信カードUQ WiMAXの関係者の方に感謝いたします。

また。楽しいミーティングにご招待していただいた、ブログマーケティング、ブログ広告のアジャイルメディア・ネットワーク:Agile Media Network様にも感謝いたします。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください