WiMAX体験ブロガーイベント ~WiMAXの進化を体感せよ!~:レポート2

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

◆デバイス担当者の方から端末についてご説明


◆UQWiMAXで提供しているデバイスは大きく3種類

  • データ通信カード⇒手軽に高速通信
  • ルーター⇒iPad touch、iPadやゲーム機やモバイルで複数の端末を使うユーザに
  • パソコン⇒一度使うと手放せないくらい便利

◆UQWiMAX搭載パソコン

箱を開けるだけで高速通信が可能。 🙂

LANケーブルなどの接続は必要無い。

搭載しているのは9社43機種となった

既に全ての機種を追いきれないほどの勢い。

◆データ通信カード

アイオーデータ、新生コーポレーション、NECなど複数のメーカーから供給されている

◆UQWiMAX Speed Wi-Fi

新機種 Egg

UQWiMAX Speed Wi-Fi端末

ヤマダ電気で発売開始

Wi-Fi端末も複数機種を展開している

基本タイプは2つ

  • モバイル型
  • 据え置き型

デザインも含めてお好みに合わせて選んで欲しい

◆複数の端末運用について

2端末以降の追加料金は+200円/月自由に追加や削除が可能

但し、複数端末の同時使用は出来ないので自宅で奥さんが使っている時、ダンナさんが出先で使うというのは無し 😉


◆統合ポータル

MVNOの選択出来る

簡単申し込みの直後から使うことが出来る

◆通信速度の向上計画とエリアについて

今後も通信速度のスピードアップを計画している

速度比較の比較対象として3.5Gの HSPAで docomo イー・モバイルが展開予定。

HSPAは41Mの速度ということでWiMAXとほば同一だ。しかしEV-DO方式では上り速度は出すのが難しい筈。

2012年12月は300Mbpsになっているが、うーん、本当に12月に間に合うのか 🙁 会場www

基地側と端末側の双方の改善で速度向上。

現在の4倍の帯域を準備する。

アンテナの素子数数を増やし 空間多重で速度2倍に。 4×2で8倍の速度。

今年、デモ出来るようになる。

導入マイルストーンとして2012年リリース2が認証され、製品はその半年後くらいでは無いか・・・

エリアも拡充している

基地局は2010年には15000局に、今後は首都圏限定だったエリアを、通勤沿線や地方の主要市町村に拡大する。

開局1年間で首都圏エリアの大半をカバー。2月500曲 7月5000局 6月9000局と急速に拡大 😯

エリアの拡大は計画を前倒しで頑張れ社長が言った wwww

今年残り6000局立てるけど大丈夫かなw 😉

◆美少女図鑑コラボ企画

フリーペーパー[美少女図鑑]とコラボレーションして、日本全国の美少女 😳 がUQ WiMAXをレポートとする企画。

その3に続く

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください