アカデミー賞にも出席したJobs氏のAppleは2000憶ドル企業に

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

アカデミー賞の中継中に流されたiPadのCMです

このCMも、Appleが放つ歴史的なCMになるのでしょうか?

先日、アップルはシリコンバレーの企業では、マイクロソフトに次ぐ、2000億ドルの企業となったとのことです。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/10/029/index.html

時価総額全米トップ5(全分野)

  1. エクソンモービル      - 3156億ドル
  2. マイクロソフト        - $2525億ドル
  3. ウォルマート        - 2057億ドル
  4. アップル           - 2021億ドル
  5. バークシャー・ハサウェイ – $191.89B億ドル

Googleが1800憶ドル弱ですから、消滅しかけていたあのAppleの株価が2000憶ドルを突破したのは、ジョブズ氏がもたらした奇跡なんですね

そして、Appleはハリウッドでも、レッドカーペットにCEOが登場する企業になりました。

ネット上では、公式にジョブズが参加するとは発表されておらず、米GIZMODOでは「誰か現地で見た人はいないの!?」なんて情報収集に奔走してましたが、ダンサーのJohn M Chuさんのツーショット写真が公開され、無事にジョブズ本人と確認されました

先のiPadのCMは、ギーク向けのコンピューター製品では無く、家庭のリビングで操作する情報端末であるということをる為に、アカデミー賞中にCMとして流されたということです。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/08/064/index.html

iPadのメッセージは明らかだ。「コンピューターが欲しい」とは思っていない人たち向けの製品であり、彼らは、してほしいことだけコンピューターがしてくれればそれでいいのだ。テクノロジー系の記者たちはこの製品を嫌うだろうが、大量に売れるだろうと予測しておこう。

音楽プレイヤー、電話、リビング端末。。。。と、Appleの戦略は着実に進行中?

ちなみに、そんな巨大Appleに挑もうとしているのがソニー・・・・

あのアップル期待のiPadさえギャフンと泣かせる「PSPad」なる新ガジェットのリリースを宣言しているとも伝えられたソニーですが、どうやら真の狙いは本丸のiTunesをも凌駕する新サービス「Sony Online Service」に懸けるところが大きいようですね。

かつて、ジョブズ氏が尊敬していた日本の企業であるSONYは、再びジョブズ氏をギャフンと言わせることは出来るのでしょうか?

関連ニュース:

現在発表中のアカデミー賞の合間に流されるテレビCMにて新しいCMが流され、公式サイトでも配信が開始されました


動画再生を矢継ぎばやに見せてゆく内容です。実際のコマーシャルは続きに掲載。iPad は米国でまずWiFi版が4月3日から、3G対応版は4月後半に発売。国内ではWiFi 版も3G + WiFi 版も4月後半に発売予定です。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る