冬季オリンピックGoogleでもっとも検索された選手は?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Google Japan様が、バンクーバー冬季オリンピック期間中の、最も検索された選手ランキングを発表されています。

世界中のアスリートたちが、熱い戦いを繰り広げたバンクーバーオリンピックが幕を閉じました。この2週間、世界中でアスリートを応援していた何百万もの人たちは、「オリンピック」について、様々な言語で、様々な情報を検索していたようです。オリンピックに関する検索トレンドの一部をのぞいてみましょう。

日本国内では

  1. 浅田真央 (フィギュアスケート)
  2. 國母和宏 (スノーボード・ハーフパイプ)
  3. 高橋大輔 (フィギュアスケート)
  4. 上村愛子 (フリースタイルスキー)
  5. 安藤美姫 (フィギュアスケート)
  6. 本橋麻里 (カーリング)
  7. 里谷多英 (フリースタイルスキー)
  8. 織田信成 (フィギュアスケート)
  9. 高木美帆 (スピードスケート)
  10. 鈴木明子 (フィギュアスケート)

の順位、

海外では

  1. Shaun White (ショーン・ホワイト スノーボード・ハーフパイプ)
  2. ??? (キム・ヨナ フィギュアスケート)
  3. Lindsey Vonn (リンゼイ・ボン 女子滑降)
  4. Sven Kramer (スベン・クラマー スピードスケート)
  5. Evan Lysacek (エヴァン・ライサチェック フィギュアスケート)

となっています。

國母選手が二位に登場したのは、凄いですねw
同じく、スノーボード・ハーフパイプのショーン・ホワイト選手が世界で一番検索されたということは、これまで新興競技だったスノーボードは一番人気の種目になっているのかもしれませんね。

また、キム・ヨナ選手は世界中で注目されている中、よくプレッシャーに負けずにパーフェクトな演技が出来たものだと感心しちゃいます。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る