30年間でコンピュータがどれだけ進化したか分かる写真

スポンサードリンク

こちらの写真は、30年前のIBMホストコンピューターのディスク装置と3380ディスクシステムと、現在携帯電話などで使われているmicroSDHCの比較写真です。

スペック的には以下の通り

IBM3380SYSTEM(20GB)
推定価格:約5,800万?1億3,000万円
重量:2トン

マイクロSDカード(32GB)
推定価格:約9,000?13,600円
重量:0.5グラム

1GB当たりの価格を比較してみると・・・

  IBM3380SYSTEM:650万円
  マイクロSDカード:425円

  ⇒15294分の1になっています。

次に1GB当たりの重量を比較してみると

  IBM3380SYSTEM:100kg
  マイクロSDカード(32GB):0.0156g

  ⇒80万分の1になっています。

ちなみに、ムーアーの法則はトランジスタの集積密度は、18〜24か月ごとに倍になるということですから 2の 20乗 = 1 048 576倍 〜 2の 15乗 = 32 768倍になるということですから、ばっちり当てっていますね!

それにしても、凄い比較・・・

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト