ツインリンクもてぎオーバルコース体験走行

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

カートの体験走行の次は、オーバルコースに移動。

準備していただいたホンダCIVICでオーバルコースを体験走行させていただきました。

CIVICってファミリーなクルマなんですが、流石ホンダ!こんなサイバーなメーターなんですね!エンジン始動~

コースイン~

カメラを傾けたりして撮影してみました。少しは臨場感出ました?w
で、更にインディーカーを体験する為にカベに寄ってみますた。
これ以上寄ると怖いのですが、それでもたぶん1m以上は間隔あったと思います。
レースでは5cmくらいまで近付くんですって、すげー!

で、いった今何キロ出しているんだっ?とCIVICのスピードメーター探しましたが、巨大なタコメーターしか見当たりませんが、何とハンドルの向こうにメータ発見。
座高を下げて座っていたので、見えませんでしたw

ということで、体験走行の速度はほぼ100km。
法定速度守ってますよっw(2~3キロ勘弁してください)

オーバルコースのバンク角は15度だそうで、外から見るとかなりの傾斜ががあります。
でも実際に走って見ると、バンクの傾斜はあまり感じられず、昇りのコーナーを走っている感覚。
300km/hでは更にフラットなコーナーに見えることでしょう。

またオーバル部では意外と路面にうねりがあり、CIVICの上品なサスペンションでも振動を感じます。

ここをインディーカーはガチガチのサスで300km/hで走るのですから、相当の横Gと振動が発生する筈です。

ということで、オーバルコース体験走行!面白かったです。

そしてパドックに戻りました~

こちらは、NASCARをイメージした、ツインリンクもてぎ、オーバルコース専用スペシャルマシン~

エンジンは、ホンダレジェンドのV6エンジンが搭載され、Hパターンの4速トランスミッションが組み合わされています。勿論FRですね。

タイヤとホイールはNASCARと同じものが使われているとのこと。
何と、本タイヤの中に、サブタイヤがあるという二重構造のタイヤだそうで、空気バルブが2つ付いているそうです。
そして仮に外側のタイヤがバーストしても、内部のタイヤがクルマを支えることで、最低限の操縦安定性を保つ安全構造。
ある意味ランフラットタイヤですね!

コクピットにも座らせてもらうことが出来ます。

ちなみに、ドアは溶接されているのでw、窓から入ります。
座ってみたい方は、筋を傷めないように、ストレッチしてから入ってくださいね!w
勿論私もコクピットに入りました。動画をどうぞ(近距離で暗いのでカメラのピントが合ってません。ごめんなさい。)

クラッチは意外と軽かったですし、ノンパワステのハンドルも、ギア比のせいかそれほど重くない予感。

でこのマシン実はアトラクションなんですね。
料金を払って、このマシンの助手席に乗って200km/hで体験走行が出来るそうですから、ツインリンクもてぎに遊びに行かれた方は是非体験してみてください!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください