BMW Sauber F1 TeamのWebサイトローンチそしてドライバーは?

スポンサードリンク

BMWのF1撤退により、ペーター・ザウバー氏は彼のチームとして買戻し、今年もF1エントリリストに参加することが出きましたが、チーム名にはBMWの名前が残るようです。

そして、新たに、BMW Sauber F1 TeamとしてWebサイトが立ち上げました

BMWの名称を継続する理由ですが、オーナーのペーターザウバー氏曰く、チーム名を変更するのが面倒くさいからだそうですw

「現在のチーム名はBMWザウバーF1チームになっている。このチーム名でFIA(国際自動車連盟)に登録したためであり、このまま参戦することになる」

しかし、そんなBMW Sauber F1 Teamのマシンに搭載されるエンジンはフェラーリエンジンです。

BMW Sauber Ferrari F1 Teamというのが正しい名称なもしれませんねw

ザウバーは、2010年からフェラーリ・エンジンを搭載することになるが、「現時点で、いつ名称変更を申請するかは決めていない」とペーター・ザウバーは語る。

そして、新規参戦チームがマシンの開発に苦労する中、新BMWザウバーF1チームのマシンは順調な仕上がりのようで、1月31日にはシェイクダウン出来るということで。

勿論シェイクダウンを担当するドライバーは、小林可夢偉さん!

マシンはその後2月1日(月)から3日(水)に掛けて同サーキットで行われる合同テストに参加、初期テストを行う予定。
シェイクダウンはすでに2010年のドライバーとして発表済みの小林可夢偉(23歳)が行うとみられる。

新車発表会を終えたザウバーは2月1日より、バレンシアでの合同テストでニューマシンのシェイクダウンを予定している。

また、残念ながら、ペトロナスのスポンサーを失ったザウバーですが、新たなスポンサーとして、ネッスルの子会社でエスプレッソ事業を展開するネスプレッソと契約することになりそうです。

BMWザウバーからの改編に伴い、長いことタイトル・スポンサーを務めた『ペトロナス』を失った新生ザウバー・チームだが、世界的な食品会社の大手『ネッスル』とスポンサー交渉中であると『Motorsports.com』が報じた

今年のザウバーのマシンのカラーリングはエスプレッソコーヒー色になるのでしょうか?
渋いぞっw

マシンもスポンサーも準備万端の感のあるザウバーですが、小林可夢偉さんのパートナーは誰になるのでしょか?

現在、最有力候補として見られているはマクラーレンF1のリザーブドライバーであったペトロデラロサさんが最有力候補であるということですが、ペーターザウバー氏曰く、そのドライバーはサプライズになるということです。

 ペーター・ザウバーは、小林可夢偉の2010年のチームメイトが明らかになれば、皆驚くだろうと発言した。現在はマクラーレンのテストドライバー、ペドロ・デ・ラ・ロサが候補者の筆頭と考えられている。

一方で、昨年末の数戦、フェラーリから参戦していたジャンカルロ・フィジケラさんがザウバーのドライバーとして契約したのでは無いかという報道も流れています。

ザウバー氏のサプライズ、そして、フェラーリエンジンを搭載することを考えたら、フィジケラさんが小林可夢偉さんのパートナーになることは十分考えられますね!

ザウバーでのペドロ・デ・ラ・ロサのF1復帰を阻む唯一の障害は、ジャンカルロ・フィジケラであるとスペインのDiario AS紙は報じている

ちなみに、今年のBMW Sauber F1 Teamですが、実績のある個人オーナーが引き継いだこと、
昨年のシーズン中盤で翌年の開発にシフトしていたので、今年のマシンは早めに準備されていることなどの状況は、昨年のブラウンGPに似ていると思いませんかね?

小林可夢偉さんのミラクルな走りがあれば、今年のF1の台風の目になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト